« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月31日 (月)

9月新刊

9月新刊から気になった新書・文庫・選書をピックアップしました。

◎岩波新書「人間・始皇帝」鶴間和幸
『史記』が描く従来の像を離れ、可能な限り同時代の視点から人間・始皇帝の足跡をたどる画期的な一書というのなら、期待しましょう。
うちにあるのは「秦の始皇帝」ぐらいです。

◎岩波新書「ヒョウタン文化誌――人類とともに一万年」湯浅浩史
ひょうたんについては「ひょうたん漫遊録」なんていうのもあります。

◎講談社現代新書「輪廻転生 〈私〉をつなぐ生まれ変わりの物語」竹倉史人
“前世”とかいう人はそれだけで信じませんが、どういう切り口なんでしょうか。
輪廻転生については「カミの人類学」「仏教誕生」あたりにあります。

◎ちくま新書「観念論の教室」冨田恭彦
バークリーなら「十八世紀イギリス思想史」にあるはず。

◎ちくま新書「地図から読む江戸時代」上杉和央
当時の地図から江戸時代の空間認識を探るというもの。
わが家の類書は
地図の想像力」「江戸の想像力
江戸の無意識」「東京の空間人類学
でしょうか。

◎ちくまプリマー新書「レイチェル・カーソンはこう考えた」多田 満
環境問題の人ですよね。その程度の認識です。

◎白水社文庫クセジュ「第一次世界大戦」ジャン=ジャック・ベッケール
日本で思う以上に第一次大戦がヨーロッパに残したものは大きいようです。西欧文明の中で見るのなら「ヨーロッパとは何か」ですが、他にも各国史に当然出てきます。

◎ちくま学芸文庫「中国の歴史」岸本美緒
放送大学のテキスト「中国社会の歴史的展開」がオリジナル。
中国の通史というのなら「物語 中国の歴史」があります。

◎ちくま学芸文庫「貞観政要」呉兢
俗流ビジネス書に堕してしまった哀れな唐の太宗の問答集。
読むわけはありませんが。

◎講談社学術文庫「再発見 日本の哲学 和辻哲郎――人格から間柄へ」宮川敬之
和辻の著書では、本筋ではない「風土」「日本古代文化」を持っています。

◎講談社学術文庫「立志・苦学・出世 受験生の社会史」竹内 洋
現代新書がオリジナルです。受験生とは誰かということでしょうか。
わざわざ立志も苦学も出世もする必要のない、上流の子弟は多分受験生ではないですね。

◎講談社学術文庫「春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界」の世界」白倉敬彦
気のせいか春画モノはよく文庫化されますね。

◎講談社学術文庫「死海写本 「最古の聖書」を読む」土岐健治
現代新書「はじめての死海写本」がオリジナルでしょうか。なら持っています。
死海写本ならほかに「死海文書―甦る古代ユダヤ教」でしょうか。

◎講談社学術文庫「モンテーニュ よく生き、よく死ぬために」保苅瑞穂
モンテーニュについて手元にあるのは
ルネサンスの思想家たち」「モラリスト
近代政治思想の誕生」「死の思索
ぐらいです

◎河出文庫「河童・天狗・妖怪」武田静澄
妖怪関連の民俗学的な書籍はけっこう持っていますが、「新版 河童駒引考」「説話の森」「暮しの中の妖怪たち」「妖怪の民俗学」あたりがとくに関連していそうです。

◎光文社古典新訳文庫「存在と時間 1 」ハイデガー
ちくま学芸文庫版はあります。さっぱりです。

◎光文社古典新訳文庫「虫めづる姫君 堤中納言物語
小学校の図書室から借りて読んだのは、子供向けに現代語訳されたものでしたが、タイトルといい、とても好きな物語です。
「宇津保物語」とか「落窪物語」とかあんまし教科書に載らないようなのも読んだ記憶があります。

◎講談社選書メチエ「ブルデュー 闘う知識人」加藤晴久
私の書棚でブルデューに関するものは「イデオロギーとは何か」ぐらい。
現代思想の入門書にも触れているのがあるのかもしれませんが。

◎講談社選書メチエ「戦国大名論 暴力と法と権力」村井良介
著者は毛利氏の権力構造が専門。
戦国大名の権力を支えていた法秩序を問うものなのでしょうか。
あまり細かい議論だとついていけないかも。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「五稜郭の戦い: 蝦夷地の終焉」菊池勇夫
我がふるさと箱館が舞台です。
うちの本では新撰組関連ばかりなので、別な視点だと嬉しいですが。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「旗本・御家人の就職事情」山本英貴
幕府の人事システムというあたりは面白いかも。


今月の目玉は
「人間・始皇帝」「観念論の教室」「地図から読む江戸時代」の新書3冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

またまた学校訪問

またまた学校訪問。
今の受験はどれだけ手間のかかる制度なんだろう。
それとも東京だけなのかな。
私立高校の場合、学校訪問して、個別相談をして、模擬授業を受けてと、何度も足を運んでようやく受験になるらしい。
生徒の絶対数が少ないだけに、高校側も囲い込みに必死なんでしょう。

学校の説明は、うちの子の受けようとしているレベルでは私立も公立もどこも似たようなことを言われます。
GMARCHがどうの日東駒専がどうの成成武…(覚えるにはまだこなれていない)がどうのどうの。

子どもにとっては土曜授業の数とか、部活のことのほうが気になるようでしたけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

学校見学

上の子と学校見学に行きました。
今度も都立高校。
彼女のいまの実力よりはちょっと上の高校です。
学校は新築できれいだし、雰囲気も良さそうでした。
彼女も、紹介してくれた高校生を見て前に行った学校との違いを少しは感じたようです。
まあ、実際に受験するかどうか刺激になってくれればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

国会図書館

国会図書館で資料探し。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月17日 (月)

日帰りバス旅行

房総へ日帰りバス旅行

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月16日 (日)

合宿

上の子が演劇部の合宿で2泊3日区の宿泊施設がある軽井沢へ。

残った3人は阿佐ヶ谷、吉祥寺でブラブラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月14日 (金)

いただきもの

制作をお手伝いしたCDを2点いただきました。
ありがとうございます。

円谷優子『HELP VAPイヤーズ コンプリート・シングルス
藤谷美紀『転校生 コンプリート・シングルス

どちらも最高です。
とくに、円谷さん泣けます。
ずっと聞き続けています。

藤谷さんもいいですよ。
こんなに歌上手かったんだと聴きなおしました。

ホントにサンキューです。
Tsuburaya_yuko_singles


Hujitani_miki_singles


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

図書館で6冊

図書館で6冊借りてきました。
権力の空間/空間の権力 個人と国家の〈あいだ〉を設計せよ
知の教科書 ライプニッツ
都市――江戸に生きる〈シリーズ 日本近世史 4〉
物語イギリスの歴史(上) - 古代ブリテン島からエリザベス1世まで
物語イギリスの歴史(下) - 清教徒・名誉革命からエリザベス2世まで
文明探偵の冒険 今は時代の節目なのか

「権力の空間/空間の権力」
ハンナ・アレントの議論に沿いながら国家に管理されない都市を構想しています。
参考文献では「世界の名著 42」「古代ギリシアの女たち」「ドイツ・イデオロギー」が手元にあります。

「ライプニッツ」
ライプニッツの著作のうち「モナドロジー」と「形而上学序説」は「世界の名著」にあります。
また、参考文献では「リヴァイアサン」「自然宗教に関する対話」「カンディード」は持っています。

「都市」
「物語 イギリスの歴史上下」
「文明探偵の冒険」
この3点の参考文献は、みごとに私の本棚からは外れていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月10日 (月)

学校見学

東京都の中学では、3年夏休みの課題に志望校見学があります。
うちの子みたいにのんびりしているとどこ受けたらいいのかサッパリなんで、見学の話をしながら受験への意識付けをさせようというのかもしれません。
とくに私立を推薦で受験しようという人は、夏休みに顔を出して名前を登録しておかないといけないらしいです。

今日も一校見学に行きました。これで都立が2つに私立が1つ。あと私立を1つ予定しています。
もっと都立を見に行ってもいい気もするんですけど、子どもの予定と親の予定と学校の予定を合わせるのも意外と手間隙がかかる。
昨日行った所は子どもも納得できるところだったようでした。

そろそろやる気が目覚めてくれればいいのですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 5日 (水)

中央公論新社8月の新刊

中央公論新社の新刊の紹介です。

◎中公新書「カラー版 - 東京鉄道遺産100選」内田宗治
楽しそう。

◎中公新書「特攻――戦争と日本人」栗原俊雄
なんか悲しいし怒ってしまいそうなのでたぶん読まないでしょう。

◎中公新書「弔いの文化史 - 日本人の鎮魂の形」川村邦光
川村氏の著作では6冊あります。
幻視する近代空間」「巫女の民俗学
オトメの祈り」「オトメの身体
セクシュアリティの近代」「地獄めぐり

◎中公新書「源頼政と木曽義仲 - 勝者になれなかった源氏」永井 晋
平家の群像」「征夷大将軍」あたり。
とくに後者は義仲について詳しい。

◎中公文庫「戦国武将」小和田哲男
中公新書版オリジナルは持ってます。

◎中公文庫「フランス革命夜話」辰野 隆
フランス革命についてのエッセイ。

◎中公選書「満州事変はなぜ起きたのか」筒井清忠
満州事変につては「日中戦争」「日中アヘン戦争」などに出てきます。

◎中公叢書「シノワズリ-か、ジャポニスムか - 西洋世界に与えた衝撃」東田雅博
ロココだの印象派だのイギリス庭園だのアール・ヌ-ヴォーだのあちこちには出てくるとは思いますが、まとまった本は持っていません。
時代はやや古いですが東洋趣味全般については「幻想の東洋」みたいなのはあります。
ただこのふたつ比較すべきものなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

追悼 加藤武

俳優の加藤武さんが亡くなっていたそうです。

『犬神家の一族』など市川監督の金田一シリーズには欠かすことの出来ない俳優でした。
日本映画データベースとKINENOTEをみると146本の映画に出演しています。
私が観たのはそのうち以下の45本です。
果しなき欲望
隠し砦の三悪人
悪い奴ほどよく眠る
用心棒
『太陽は狂ってる』
キューポラのある街
キューポラのある街
天国と地獄
けんかえれじい
“エロ事師たち”より人類学入門
日本のいちばん長い日
黒部の太陽
私が棄てた女
『サマー・ソルジャー』
仁義なき戦い 代理戦争
仁義なき戦い 頂上作戦
青春の門
犬神家の一族
悪魔の手毬唄
獄門島
女王蜂
お吟さま
『火の鳥』
病院坂の首縊りの家
古都
幸福
『ハイティーン・ブギ』
『迷走地図』
ロケーション
ゴジラ

夢千代日記
オーディーン 光子帆船スターライト
竹取物語
ダウンタウン・ヒーローズ
悲しい色やねん
226
天河伝説殺人事件
帰って来た木枯し紋次郎
あひるのうたがきこえてくるよ。
おもちゃ
どら平太
金髪の草原
走れ! イチロー
蝉しぐれ
犬神家の一族

等々力警部のほかには『日本でいちばん長い日』も印象に残っている作品です。

合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

8月新刊

8月新刊

◎講談社現代新書「日本のロック名盤ベスト100」川崎大助
著者はたしかフィッシュマンズが好きなんだから割と新しいアルバムが並ぶんでしょう。
多分、私とは全然趣味の違う人だとは思いますが、いちおう気にはなります。

◎講談社現代新書「弥生時代の歴史」藤尾慎一郎
新しい弥生時代像を提示してくれそうです。いや弥生時代なんてないという話なのかも知れません。
うちのでは「日本社会の歴史〈上〉」ぐらいです。

◎講談社ブルーバックス「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」小山慶太
物理学史の正統派なんでしょうか。
うちにあるのは「ニュートン」ぐらいで、それ以降はとくに。

◎平凡社新書「忘れられた島々 「忘れられた島々 「南洋群島」の現代史」井上 亮
最近、南洋関連の新刊が多いような。
シーレーン防衛と関係あるんでしょうか。

◎平凡社新書「カール・ポランニーの経済学入門: ポスト新自由主義時代の思想」若森みどり
ポランニーは読みたいと先月も書いたような。

◎丸善サイエンス・パレット「(仮)医学の歴史」鈴木晃仁、鈴木実佳
医学史関連といってもうちには、錬金術だの呪術だのだけでまっとうなものはありません。
これはどんなでしょう。

◎ちくま学芸文庫「道徳と宗教の二つの源泉」アンリ・ベルクソン
ベルクソンは持っているような気がして実は読んでもいません。

◎講談社学術文庫「再発見 日本の哲学 廣松渉――近代の超克」小林敏明
廣松渉といえば「ド・イデ」でしょうか。うちにあるのは
マルクス主義の地平
新哲学入門
哲学入門一歩前-モノからコトヘ
今こそマルクスを読み返す
世界の共同主観的存在構造
近代世界を剥ぐ (これからの世界史)
の6冊。私にしては読んでるほうです。
とにかく言葉遣いが難しいという印象です。

◎講談社学術文庫「カレーライスと日本人」森枝卓士
この手の物知り本は、読み物として面白いはずです。

◎講談社学術文庫「四國遍禮道指南 全訳注」眞念(著)/稲田道彦(全訳注)
四国遍路についての江戸時代初期の案内書。成立当時の遍路の有様を知るという意味で、仏教史のみならず民俗学、文化史など、さまざまな側面から読み取ることが出来る内容を含んでいるはずです。

◎講談社学術文庫「遠山金四郎の時代」藤田 覚
天保の改革VS遠山の金さんという話みたいです。
じゃ、水野忠邦が悪者かっていうとそうでもないような気がするんですが、「開国と幕末改革 日本の歴史18」あたりに若干載っています。

◎河出文庫「ツァラトゥストラかく語りき」フリードリヒ・ニーチェ
私が最も愛する書物3冊のうちの1冊。うちにあるのは吉沢伝三郎訳
新たな佐々木中訳がどうなのか、読み比べてみたい気はします。

◎河出文庫「イデオロギーの崇高な対象」スラヴォイ・ジジェク
ラカンですか。いちおう挙げましたがたぶん読みません。

◎講談社選書メチエ「精読 アレント『全体主義の起源』」牧野雅彦
最近再評価著しいアレントです。

◎講談社選書メチエ「連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦」齋藤元紀
四つの危機とは「知」「ことば」「いのち」「戦争」の危機だそうです。
これらが実は上のアレントとも繋がるテーマだということは当然です。他の参加者が誰なのかは知りませんけれど、編者である齋藤元紀氏がハイデガーの専門家なのは偶然ではないのかもしれません。ただこの四つ、ありきたりすぎません?愚鈍な私が考えたって大切なものが軽んじられて戦争の危機が迫っているとなっちゃうでしょう。まそれをどう料理してるかが見所なんですかね。

◎河出ブックス「江戸城のインテリア: 本丸御殿を歩く」小粥祐子
いちおう歴史関連なんでリストアップしましたが、あんまり興味はわきません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「新田一族の中世: 「武家の棟梁」への道」田中大喜
武家の棟梁の条件」とか「楠木正成と悪党」あたりでしょうか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「アジアのなかの戦国大名: 西国の群雄と経営戦略」鹿毛敏夫
海から見た戦国日本」に近いのでしょうか。


今月の目玉は、
「弥生時代の歴史」「カール・ポランニーの経済学入門」「(仮)医学の歴史」。
久々に新書に食指が動きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »