« 池袋三省堂で「魔術師マーリン」 | トップページ | 追悼 加藤武 »

2015年8月 1日 (土)

8月新刊

8月新刊

◎講談社現代新書「日本のロック名盤ベスト100」川崎大助
著者はたしかフィッシュマンズが好きなんだから割と新しいアルバムが並ぶんでしょう。
多分、私とは全然趣味の違う人だとは思いますが、いちおう気にはなります。

◎講談社現代新書「弥生時代の歴史」藤尾慎一郎
新しい弥生時代像を提示してくれそうです。いや弥生時代なんてないという話なのかも知れません。
うちのでは「日本社会の歴史〈上〉」ぐらいです。

◎講談社ブルーバックス「光と重力 ニュートンとアインシュタインが考えたこと 一般相対性理論とは何か」小山慶太
物理学史の正統派なんでしょうか。
うちにあるのは「ニュートン」ぐらいで、それ以降はとくに。

◎平凡社新書「忘れられた島々 「忘れられた島々 「南洋群島」の現代史」井上 亮
最近、南洋関連の新刊が多いような。
シーレーン防衛と関係あるんでしょうか。

◎平凡社新書「カール・ポランニーの経済学入門: ポスト新自由主義時代の思想」若森みどり
ポランニーは読みたいと先月も書いたような。

◎丸善サイエンス・パレット「(仮)医学の歴史」鈴木晃仁、鈴木実佳
医学史関連といってもうちには、錬金術だの呪術だのだけでまっとうなものはありません。
これはどんなでしょう。

◎ちくま学芸文庫「道徳と宗教の二つの源泉」アンリ・ベルクソン
ベルクソンは持っているような気がして実は読んでもいません。

◎講談社学術文庫「再発見 日本の哲学 廣松渉――近代の超克」小林敏明
廣松渉といえば「ド・イデ」でしょうか。うちにあるのは
マルクス主義の地平
新哲学入門
哲学入門一歩前-モノからコトヘ
今こそマルクスを読み返す
世界の共同主観的存在構造
近代世界を剥ぐ (これからの世界史)
の6冊。私にしては読んでるほうです。
とにかく言葉遣いが難しいという印象です。

◎講談社学術文庫「カレーライスと日本人」森枝卓士
この手の物知り本は、読み物として面白いはずです。

◎講談社学術文庫「四國遍禮道指南 全訳注」眞念(著)/稲田道彦(全訳注)
四国遍路についての江戸時代初期の案内書。成立当時の遍路の有様を知るという意味で、仏教史のみならず民俗学、文化史など、さまざまな側面から読み取ることが出来る内容を含んでいるはずです。

◎講談社学術文庫「遠山金四郎の時代」藤田 覚
天保の改革VS遠山の金さんという話みたいです。
じゃ、水野忠邦が悪者かっていうとそうでもないような気がするんですが、「開国と幕末改革 日本の歴史18」あたりに若干載っています。

◎河出文庫「ツァラトゥストラかく語りき」フリードリヒ・ニーチェ
私が最も愛する書物3冊のうちの1冊。うちにあるのは吉沢伝三郎訳
新たな佐々木中訳がどうなのか、読み比べてみたい気はします。

◎河出文庫「イデオロギーの崇高な対象」スラヴォイ・ジジェク
ラカンですか。いちおう挙げましたがたぶん読みません。

◎講談社選書メチエ「精読 アレント『全体主義の起源』」牧野雅彦
最近再評価著しいアレントです。

◎講談社選書メチエ「連続講義 現代日本の四つの危機 哲学からの挑戦」齋藤元紀
四つの危機とは「知」「ことば」「いのち」「戦争」の危機だそうです。
これらが実は上のアレントとも繋がるテーマだということは当然です。他の参加者が誰なのかは知りませんけれど、編者である齋藤元紀氏がハイデガーの専門家なのは偶然ではないのかもしれません。ただこの四つ、ありきたりすぎません?愚鈍な私が考えたって大切なものが軽んじられて戦争の危機が迫っているとなっちゃうでしょう。まそれをどう料理してるかが見所なんですかね。

◎河出ブックス「江戸城のインテリア: 本丸御殿を歩く」小粥祐子
いちおう歴史関連なんでリストアップしましたが、あんまり興味はわきません。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「新田一族の中世: 「武家の棟梁」への道」田中大喜
武家の棟梁の条件」とか「楠木正成と悪党」あたりでしょうか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「アジアのなかの戦国大名: 西国の群雄と経営戦略」鹿毛敏夫
海から見た戦国日本」に近いのでしょうか。


今月の目玉は、
「弥生時代の歴史」「カール・ポランニーの経済学入門」「(仮)医学の歴史」。
久々に新書に食指が動きます。

|

« 池袋三省堂で「魔術師マーリン」 | トップページ | 追悼 加藤武 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/62009245

この記事へのトラックバック一覧です: 8月新刊:

« 池袋三省堂で「魔術師マーリン」 | トップページ | 追悼 加藤武 »