« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月30日 (火)

7月新刊

7月の新書・文庫・選書の新刊から気になるものをピックアップしました。

◎岩波新書「プラトンとの哲学―対話篇をよむ」納富信留
多分、私が哲学していないからなんでしょう。
対話篇を読んでいると、プラトンの人の悪さに辟易してくることがあります。
言いがかりというか揚げ足取りに感じてしまいます。
うちにある入門書は「プラトン入門」「プラトンの哲学」「プラトン入門」。

◎講談社ブルーバックス「地球を突き動かす超巨大火山 新しい「地球学」入門」佐野貴司
大地を形成し、大陸を分裂させる超巨大火山という新しい発見。
面白そう。

◎ちくま新書「大東亜戦争 敗北の本質」杉之尾宜生
◎ちくま新書「昭和史講義: 最新研究で見る戦争への道」筒井清忠
◎平凡社新書「移民たちの「満州」: 満蒙開拓団の虚と実」二松啓紀
◎平凡社新書「女性画家たちの戦争」吉良智子
戦争ものが続きます。

◎平凡社新書「宮崎駿再考: 『未来少年コナン』から『風立ちぬ』へ」村瀬 学
宮崎さんの作品は大体好きですけれど、その解説が面白いかというとまた別な話です。

◎白水Uブックス「第三の魔弾」レオ・ペルッツ
アステカ軍に味方してコルテスと戦う神聖ローマ帝国の貴族を、悪魔や呪いの銃弾を交えて描く幻想歴史小説。

◎岩波文庫「中国近世史」内藤湖南
中国近世とは宋のことだそうです。びっくり。中世=唐です。
ちなみに私にとっての内藤湖南は、白鳥庫吉ともに邪馬台国論争の人でした。

◎ちくま学芸文庫「ポランニー・コレクション 経済と自由 ─文明の転換」カール・ポランニー
ポランニーについては一度は読んだほうがいいのでしょうが、うちにあるのでは栗本さんの「幻想としての経済」にちょこっと出てくるぐらいです。

◎ちくま学芸文庫「カトリックの信仰」岩下壮一
思想書ではなく信仰告白ですから、無信仰の私にはピンと来ないでしょう。

◎講談社学術文庫「西洋中世奇譚集成 魔術師マーリン」ロベール・ド・ボロン
アーサー王伝説で有名なマーリンの物語。12世紀フランスの中世ロマンです。
これは買いでしょう。

◎講談社学術文庫「ドイツ歴史学者の天皇国家観」ルートヴィッヒ・リース
タイトルはいかめしいですが明治期のお雇い外国人学者による日本滞在記。

◎講談社学術文庫「妖怪学新考 妖怪からみる日本人の心」小松和彦
小松氏の著書はうちには共著を含めて10冊ほどあります。
ほかに妖怪関連では
妖怪の民俗学
怨念の日本文化―妖怪篇」あたり。

◎講談社学術文庫「有閑階級の理論 増補新訂版」ソースティン・ヴェブレン
ヴェブレンについては「経済学の考え方」や「市場社会の思想史」にあります。

◎講談社学術文庫「再発見 日本の哲学 大森荘蔵――哲学の見本」野矢茂樹
大森氏の著書は、あまり得意な分野でもないので「音を視る、時を聴く―哲学講義」しか持っていません。それもきっとよく分かっていません。

◎講談社選書メチエ「大江戸商い白書―数量分析が解き明かす商人の真実」山室恭子
山室さんのでは「黄金太閤」や「江戸の小判ゲーム」を借りて読んだことがあります。
刺激的な内容を挑戦的な文章で書く人です。

◎講談社選書メチエ「終戦後史 1945-1955」井上寿一
政治史です。

◎筑摩選書「戦後日本の宗教史: 天皇制・祖先崇拝・新宗教」島田裕巳
多分、上の戦後史とはかけ離れたもののはず。
うちにあるのは「新宗教―その行動と思想」「新宗教の神々」。
新宗教しかないのか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「高 師直: 室町新秩序の創造者」亀田俊和
足利直義が再評価されたり、師直が再評価されたり忙しいことです。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「将門伝説の歴史」樋口州男
将門の乱については「古代末期の反乱」、将門伝説については「蘇る中世の英雄たち」「軍記物語の世界」などがあります。

今月の目玉は
新書はなし。あ、「第三の魔弾」は新書か。ならこれだ。
文庫では「西洋中世奇譚集成 魔術師マーリン」がいちばん、
「妖怪学新考」も面白いかも。
選書では「大江戸商い白書」。吉川弘文館のはいつもタイトルは面白そうなのに内容はイマイチになってしまいます。編集者の力の問題なのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月20日 (土)

『リスボンに誘われて』

近所のレンタルショップで『リスボンに誘われて』を借りました。
最近借りたDVDについていた予告編を観て興味がわいたので。
リスボンというとヴィム・ヴェンダースの『リスボン物語』なんていうのもありましたが、さてどうでしょう。>うーん。本をめぐるミステリーというよりは革命をめぐるミステリーなのでしょうか。たとえば『暗殺のオペラ』とかみたいな。悪くはないのですけれど雰囲気だけに終始しているような。もうすこし謎解きの緊迫感が欲しかった気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

「巨匠とマルガリータ 下」

母親の健康診断の付き添いで大宮へ。

帰りに池袋リブロで「巨匠とマルガリータ(下)」を購入。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

『天才スピヴェット』

近所のレンタルショップでDVD『天才スピヴェット』を借りました。
ジャン=ピエール・ジュネ作品ですので、只者ではないはずです。>ジュネにしてはちょっと薄味かな。彼の天才ぶりが発揮されるべきスミソニアン協会のあたりがもちょっと面白くなればよかった感じです。ただし、もちろん悪い映画なわけはありません。観るべき作品です。

DVDに収録されていた新作の予告編でぶっ飛びました。
ドウトエフスキー原作のイギリス映画『嗤う分身』のBGMに
我が愛するブルーコメッツの「草原の輝き」が流れてきたのです。
監督はいったいどこでこの音楽を聴いたのでしょう。
しかもどう思ってこの曲を選んだんでしょう。
いやあビックリでした。
ちなみに「草原の輝き」は、ブルコメの集大成というか到達点といっていい名曲だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

図書館で1冊

図書館で予約していた1冊を受け取る。

戦国の日本語: 五百年前の読む・書く・話す
節用集、きりしたん文書などから戦国時代の日本語を読み取る。
参考文献はまったくかすりませんが、
ロドリゲス「日本語小文典」ぐらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 7日 (日)

図書館で1冊

買い物ついでに図書館に寄って開架図書から1冊借りました。
アホウドリを追った日本人――一攫千金の夢と南洋進出
日本による南洋進出の歴史をアホウドリの乱獲、リン鉱石の採掘とともに描きます。
もちろん私の本棚に参考文献に上がっているような本はありませんが、
南洋に触れているのは、
大東亜科学綺譚」「「大東亜民俗学」の虚実」「偽史冒険世界」あたり。
胡散臭さぷんぷんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

新作3本

近所のレンタルショップで新作3本。
0.5ミリ
紙の月
まほろ駅前狂騒曲

『0.5ミリ』は、安藤桃子監督で安藤サクラ主演と、安藤姉妹の作品。評判はいいし期待大。>こういう話とは知りませんでした。サクラさんがいいのはわかりますが、結局のところ老人問題を扱っているいい話なので、ひねくれ者の私にはグッとは来ませんでした。それに3時間はいくらなんでも長いでしょう。
『紙の月』は、宮沢りえ主演の犯罪ドラマ。宮沢さんが普通の主婦といわれてもっていう気はしますが、どうなんでしょう。>あれれ?彼女は何がどうしちゃったんでしょう。その飛躍の第一歩がきちんと描けていないので、宮沢さんどうしたのと聞きたいです。もしかすると、飛躍なんてないんだといいたいのかもしれませんけど、それにしてもです。ただセックスに狂ったおばさんでしかありません。これならホストにつぎ込むのと同じです。それでも“いい”ということなのでしょうか。確かにそれも一理ありますけど…。
『まほろ駅前狂騒曲』は、シリーズ第2弾。いつものグダグダぶりが上手く出れば成功でしょう。>上手く出てるとは思えません。なんでしょう。新興宗教だのバスジャックだの話が無理すぎます。もっとくだらないところから攻めて欲しかったです。女優さんも、真木さん、本上さんは素敵なんですけどそれだけで終わっていて惜しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

6月の新刊(新書・文庫・選書)

6月の新刊新書・文庫・選書から気になったものを私の本棚とリンクさせて紹介します。

◎岩波新書「ポスト資本主義 科学・人間・社会の未来」広井良典
資本主義=成長なら、成長しない社会を目指すということでしょうね。
うちにあるのでは「シャドウ・ワーク」とかが似てるかな。
いや多分違うんでしょうが。

◎講談社現代新書「ヒトラーとナチ・ドイツ」石田勇治
ヒトラーはどのようにして大衆の支持を得て独裁者となり、未曾有の大虐殺を引き起こしたのか。
私も多少なりともナチス関連は読んでいるのですが、
今、この題材で独創的なことが書けるのでしょうか。

◎講談社現代新書「昭和陸軍全史 3 太平洋戦争」川田 稔
◎文春新書「永田鉄山 昭和陸軍「運命の男」」早坂 隆
なぜか陸軍ものが2冊。今読んで喜べる人は…。
上も含めてなんか怖いなあ。

◎岩波文庫「巨匠とマルガリータ(下) 」ブルガーコフ
先月の続き。ぜひ買わないと。

◎岩波文庫「中国史(下) 」宮崎市定
これも先月の続き。

◎岩波文庫「エラスムス=トマス・モア往復書簡」沓掛良彦
イングランドとネーデルラントの人文主義者。
世界の名著〈17〉」はちょうどこのふたり。
エラスムスならほかに「平和の訴え」があります。

◎岩波文庫「古代懐疑主義入門――判断保留の十の方式」J・アナス、J・バーンズ
ヘレニズムの懐疑主義といわれてもピンとは来ませんが、
ギリシア哲学者列伝〈下〉」のピュロンの章に登場します。

◎岩波現代文庫「シュタイナー哲学入門――もう一つの近代思想史」高橋 巖
いちおう取り上げましたが、まったく手付かずというかお手上げの分野です。

◎講談社学術文庫「ユダヤ人と経済生活」ヴェルナー・ゾンバルト
プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」の向こうを張って書かれたらしいです。

◎ちくま学芸文庫「プラトン入門」竹田青嗣
入門好きの竹田さんのちくま新書版は持っています。

◎ちくま学芸文庫「増補 魔女と聖女: 中近世ヨーロッパの光と影」池上俊一
池上さんは私好みのテーマを扱ってくれます。
講談社現代新書版は持っています。

◎講談社選書メチエ「フリーメイスン もうひとつの近代史」竹下節子
氏の著作では「ヨーロッパの死者の書」「ジャンヌ・ダルク」「ノストラダムスの生涯」の3冊がうちの本棚にあります。
フリーメイスンについては、
フリーメイソンリー―その思想、人物、歴史
フリーメイソン」のほか、
薔薇十字団」「薔薇十字の魔法」や
秘密結社の手帖」「秘密結社の世界史」など、そこそこ多数。
神智学には無縁なのになあ。

◎筑摩選書「孔子と魯迅: 中国の偉大な「教育者」」片山智行
この二人を並べて何か出てくるのでしょうか?
ただの著者の好みの気がしますが、いかがでしょうか。

◎河出ブックス「古代エジプト 死者からの声: ナイルに培われたその死生観」大城道則
古代エジプトの死生観というと「ファラオと死者の書」がいちばん近いでしょうか。
古代エジプト―失われた世界の解読」もそんな1冊。
1930年刊というとんでもなく古い本ですが、祖父の蔵書だった「民族性と神話」なんていうのも手元にあります。

◎河出ブックス「「旅」の誕生: 平安―江戸時代の紀行文学を読む」倉本一宏
土佐日記や十六夜日記から奥の細道まで、紀行文学は教科書でもおなじみ。
うちのでは「中世の東海道をゆく」「江戸の旅」「世界の旅行記101」あたりで楽しめます。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「天下統一とシルバーラッシュ: 銀と戦国の流通革命」本多博之
南蛮貿易と銀の関係を論じているのでは「海から見た戦国日本」があります。

今月の目玉は
文庫の「古代懐疑主義入門」
選書の「フリーメイスン」「「旅」の誕生」
あたりかな。
「巨匠とマルガリータ」の下はもちろん買いますけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

「巨匠とマルガリータ」

池袋リブロで「巨匠とマルガリータ(上)」を購入。
20世紀前半ロシアのブルガーコフによる幻想小説です。
首は転がり、黒猫はしゃべり、ルーブル札が雨と降る。
面白そうでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »