« 森恵『少女+1』 | トップページ | 「巨匠とマルガリータ」 »

2015年5月31日 (日)

図書館で5冊

図書館で予約していた5冊を受け取りました。
「社会」のない国、日本 ドレフュス事件・大逆事件と荷風の悲嘆
高層建築物の世界史
天下泰平の時代〈シリーズ 日本近世史 3〉
朝鮮王公族―帝国日本の準皇族
経済学からなにを学ぶか: その500年の歩み

「「社会」のない国、日本」
ドレフェス事件も大逆事件も上っ面しか知りません。
当然参考資料も手付かずです。
著者の思い込みだけじゃなく説得力のある文章ならいいですが。

「高層建築の世界史」
438ページに及ぶ大著とは知りませんでした。
メソポタミアのジグラットから現代の超高層ビルまで世界を網羅。
参考文献もめちゃくちゃ多いです。
うちにあるのでも「シュメル」「皇帝たちの都ローマ」「イブン・ジュバイルの旅行記」「学術都市アレクサンドリア」「大聖堂のコスモロジー」「ゴシックとは何か」「シエナ」「アラブが見た十字軍」「ルネサンス理想都市」「フリーメイソン」「都市空間のなかの文学」「世界宗教史」と幅広いです。

「天下泰平の時代」
四代綱吉から、正徳の治、吉宗を経て意次まで徳川幕府の全盛期を描きます。
参考文献では「生類をめぐる政治」だけ。意外と少ないです。

「朝鮮王公族」
まったく考えていなかった歴史です。
面白いのかもい知れません。
参考文献はほとんど一次資料です。

「経済学からなにを学ぶか」
目次を見るとマル経ですね。
参考文献でうちの本棚にあるのは、
キリスト教の本質」「市民政府論」「西太平洋の遠洋航海者」「国富論」「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」。あれれ経済じゃない本ばかりですね。

|

« 森恵『少女+1』 | トップページ | 「巨匠とマルガリータ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/61691311

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で5冊:

« 森恵『少女+1』 | トップページ | 「巨匠とマルガリータ」 »