« 決定!日本インターネット映画大賞 | トップページ | 中央公論新社2月の新刊 »

2015年2月 5日 (木)

キネマ旬報決算号

池袋リブロでキネ旬の決算号を購入。
もちろん、ベストテン投票の順位を確認するため。

ベストテンはすでに報道されて私もアップしているから省略するとして、
興味深いのは、どの作品が投票されていなかったかという点。
目立ったのは『太秦ライムライト』と『STAND BY MEドラえもん』の2作。
キネ旬向きかどうかはともかく、どちらもけっこう評判だったと思うので、1票も入らないというのは意外です。
逆に他では見かけない『おとぎ話みたい』が21位に入っているというのもおもしろい。

ちなみに読者の人気投票ベストテンを。

日本映画
そこのみにて光輝く
紙の月
小さいおうち
舞妓はレディ
私の男
ぼくたちの家族
0.5ミリ
野のなななのか
百円の恋
WOOD JOB ! ~神去なあなあ日常~

評論家との違いは、『舞妓はレディ』と『WOOD JOB !』のみ。


外国映画
ジャージー・ボーイズ
インターステラー
ゴーン・ガール
チョコレートドーナツ
アデル、ブルーは熱い色
ダラス・バイヤーズクラブ
ブルージャスミン
グランド・ブダペスト・ホテル
6才のボクが、大人になるまで。
ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅

こっちは4本だけがベストテン作品。

あと、故品田雄吉氏が外国映画のベストテンに投票していたということも特筆すべきことかもしれません。
最後の1位は『エレニの帰郷』でした。

|

« 決定!日本インターネット映画大賞 | トップページ | 中央公論新社2月の新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/61095794

この記事へのトラックバック一覧です: キネマ旬報決算号:

« 決定!日本インターネット映画大賞 | トップページ | 中央公論新社2月の新刊 »