« 新刊本と選挙結果 | トップページ | 個人面談 »

2014年12月17日 (水)

新作4本

しばらくぶりにDVDを4本借りる。
そこのみにて光輝く
WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~
ぼくたちの家族
るろうに剣心 京都大火編』 

『そこのみにて…』今年いちばんの問題作でしょう。池脇さんが悪かったためしはありませんから。おまけにわが故郷函館です。>うーん。重い。いい重さだ。池脇さんの太さが役作りとはいえ素敵だ。抜け出すことの出来ない世界のなかで光輝く彼女が神々しい。
『WOOD JOB!』矢口ワールドはいつも悪くないのですけど、なぜか私にはピリッと来ないんですね。今度はどうでしょう。長澤さんも、期待してるんですけどね。>やっぱりいい人ばかりです。大事な祭であんなことしたらただじゃすまないでしょう。林業について何か知るところがあったかというと、そうでもないのも残念なところです。矢口さんのストーリーのさばき方の上手さはいいのですが、それだけのような。
『ぼくたちの家族』ただの母親難病ものではない、というから期待しましょう。>よくできた映画です。マクベスみたいにいちばんダメな息子がいちばん頼りになったという話でいいのでしょうか。母親の命もまだまだ続きそうだし、長男もがんばるみたいだし、長男の嫁もいい人だったし、ハッピーエンドなのかなこれは。うちの母親を思うといささか楽観的過ぎるような、それでもこれしかないような。微妙な気持ちになります。ただ、次男をダメ息子に描くためにわざと無頓着に描くみたいのはあんまし好きではないですけど。
『るろうに…』前作同様これは純粋に楽しめるでしょう。きっと。>作品に文句はありません。アクションは冴えているし、人物造形に違和感はありません。原作を読んでいる妻もまあまあ納得らしいので、こういうものでしょう。だからといってこの中途半端な前編を好きになれるかというとまた別のことです。

|

« 新刊本と選挙結果 | トップページ | 個人面談 »

コメント

昨年度日本インターネット映画大賞に投票頂きましてありがとうございます。今年は20日より投票を開始しました。一部改正しましたので概要(http://bit.ly/1x6OlzL)を読んで頂きまして締切の1月22日までに投票のほどよろしくお願い致します。

投稿: 日本インターネット映画大賞運営委員会 | 2014年12月26日 (金) 00時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/60823268

この記事へのトラックバック一覧です: 新作4本:

« 新刊本と選挙結果 | トップページ | 個人面談 »