« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月25日 (木)

図書館で4冊

中村橋で妻と落ち合い買い物をした後、貫井図書館で4冊借りる。
物語 ベルギーの歴史 - ヨーロッパの十字路
怨霊とは何か - 菅原道真・平将門・崇徳院
天才カルダーノの肖像: ルネサンスの自叙伝、占星術、夢解釈
叡智の建築家―記憶のロクスとしての16‐17世紀の庭園、劇場、都市
このところ新書か選書ばかりだったけど、今回は久しぶりにハードカバーも2冊。

「物語 ベルギーの歴史」は、中公新書の「物語…の歴史」シリーズの最新刊。
地域としてのベルギーではなく国家としてのベルギーの歴史だから、独立(1830年)以前の記述はわずか。
詳細な参考文献が挙げられているが、そのうち我が家にあるのは、「ガリア戦記」と「ヨーロッパとは何か」の2冊。
ほかに関係がありそうなのは「統合と分裂のヨーロッパ」「新ヨーロッパ大全」あたり。

「怨霊とは何か」は、日本の怨霊文化について道真、将門、崇徳院の三人から探っていくというもの。
参考文献のなかで手持ちにあるのは脇道っぽい「儒教とは何か」だけ。
むしろもっと関係が深そうなのは「神仏習合」「神々の変貌」で、
軽めのものでは「日本異界絵巻」「日本魔界案内」。

「天才カルダーノの肖像」は、ルネサンス期の医師であり哲学者、数学者でもあった万能人カルダーノのモノグラフ。
浩瀚な参考文献に挙げられているもののうちわが書棚にあるものは、
カルダーノ自伝」「変身物語」「太陽の都
ルネサンスの神秘思想」「ルネサンスの魔術思想
イタリア・ルネサンスの哲学者」「ミクロコスモス
ルネサンスの思想家たち」「イタリア・ルネサンスの文化
西洋占星術」「存在の大いなる連鎖」「中世の夢
と12冊。

「叡智の建築家」は、ルネサンス期のイタリアの庭園、建築と記憶術の関係を解き明かすというもの。
参考に挙げられているのは外国文献だけですのでお手上げですが、
我が家の蔵書の中で本書のテーマに近いものといえば、
哲学的建築」と「普遍の鍵」でしょうか。
ほかに庭園について概観するためには「庭園の世界史」と「象徴としての庭園」。
博物学については「陶工パリシーのルネサンス博物問答」「怪物のルネサンス」。
また「迷宮学入門」も謎解きに関連しているようです。

今回借りたハードカバーの2冊と前回借りた「キリストの顔」はともに平井浩氏のサイトbiblipothica hermeticaに関連した論考。思想史と文化史、そして科学史を横断した新たなルネサンス~近世の知的世界を垣間見せてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月24日 (水)

新作2本

近所のレンタルショップで2本。

魔女の宅急便
ニシノユキヒコの恋と冒険

『魔女の宅急便』は、名作アニメがある以上苦戦は免れない挑戦です。ホラーの清水監督がどう料理するのか。>何かあると思ったが、ただのよく出来た子供向けのお話でした。主演の女の子の生真面目な印象もいささか平板。あと、町の全体像が見えたら良かったのにと思いました。
『ニシノユキヒコ…』は、竹之内豊になんの興味もありませんが、豪華な女優陣ですから見逃すわけには行きません。>いいねえ。このいい加減さ、たまらないねえ。ただ、この映画でセックスシーンが皆無というのはどうなんでしょう。なんせ、セックスが上手というのも彼女たちがニシノくんに惹かれる大きな理由ですからね。別にそのものズバリじゃなくてもそういう表現ってあってしかるべきじゃないのかな?それは抜きにしても、けっこう好きな映画です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月18日 (木)

BOOKOFFで1冊

西川口のBOOKOFFで1冊。
澁澤龍彦の「世界悪女物語」。
なにを今さらですが澁澤さんですから悪いわけはないでしょう。
それにしてもオリジナルが出てから半世紀が過ぎているんですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドイツ州議会議員選挙

9月14日、ドイツの2つの州の州議会議員選挙が行われました。
選挙制度は小選挙区併用比例代表制で法定議席はともに88。

<チューリンゲン州>(総議席91)
キリスト教民主同盟(CDU)33.5% 34議席
左翼党(Linke) 28.2% 28
ドイツ社会民主党(SPD) 12.4% 12
ドイツのための選択肢(AfD)10.6% 11
緑の党(Grüne) 5.7% 6

*CDUは小選挙区で比例配分議席を越える34議席を獲得したため、総議席数が法定議席を3上回っています。

<ブランデンブルク州>(総議席88)
ドイツ社会民主党(SPD) 31.9% 30議席
キリスト教民主同盟(CDU)23.0% 21
左翼党(Linke) 18.6% 17
ドイツのための選択肢(AfD)12.2% 11
緑の党(Grüne) 6.2% 6
ブランデンブルク統一市民運動・自由な有権者(BVB/FW)2.7% 3

*BVB/FWは得票率5%以下ですが小選挙区で1議席を獲得したため比例議席も獲得しています。


自由民主党(FDP)は得票率5%に満たなかったため議席をすべて失いました。
その分をAfDが獲得したといえそうです。
また両州とも旧東ドイツ領内にあるため左翼党の得票が大きくなっています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月17日 (水)

新作2本

近所のレンタルショップ新作半額デーで2本。
パズル』と『大人ドロップ

『パズル』は夏帆さんが出てなかったら借りなかったであろうホラー。>違ったホラーじゃない。ただの復讐殺人事件だった。ただ、あまり親切な作りじゃないので、何をどうしたかったのかが、目的と手段がよくわからない。目的の夏帆さん高校生はさすがに無理っぽいけど、ラストのダンスが素敵だったので文句なし。
『大人ドロップ』は、橋本愛さんが可愛いらしい。まっとうな青春映画ならOK。>ややダメオ君がやりすぎではありましたが、まっとうな青春映画でした。これはイイ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月16日 (火)

スウェーデン総選挙

9月14日に行われたスウェーデン総選挙の結果。

総議席349

中道右派
スウェーデンのための同盟 142議席/前回173議席
穏健党 23.2%(84/107)
国民党 5.4%(19/24)
中央党 6.1%(22/23)
キリスト教民主党 4.6%(17/19)

中道左派
赤緑連合 158議席/前回156議席
スウェーデン社会民主労働党 31.2%(113/112)
緑の党 6.8%(24/25)
左翼党 5.7%(21/19)

極右
スウェーデン民主党 12.9%(49/20)

与党が議席を減らしたために2議席しか増えていない赤緑連合に政権が転がり込みますが過半数175には程遠いため政権運営は困難を極めるでしょう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

追悼 山口洋子

作詞家の山口洋子さんが亡くなりました。

代表作というと五木ひろし「よこはま たそがれ」や「夜空」、クールファイブ「噂の女」に石原裕次郎「ブランデーグラス」なんでしょう。おまけに女優さんで銀座のママ。とことん私に縁のない世界の人です。

うちにあるシングル盤で彼女が作詞しているのは6枚。
「うれしい体験」青木美冴
「町あかりキラキラ」青木美冴
「三人家族」竹野美千代
「愛ふたたび」竹野美千代
「花売り娘」中沢千鶴子
「裏町マリア」町田義人
Aoki_misae_uresiitaikenAoki_misae_matiakarikirakira
Takeno_mitiyo_sanninkazokuTakeno_mitiyo_aihutatabi
Nakazawa_tiduko_hanaurimusume

ほかにLPやCDそれにPCにデータの入っているだけの曲を含めて、音源のある曲は全部で21曲。
私の作詞家ベスト50にはギリ入りません。
でも青木美冴の2曲があるだけで忘れちゃいけない作詞家です。

合掌


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月15日 (月)

CDいただき物

私が制作のお手伝いをしたCDをいただきました。
ありがとうございました。

Morita_tugumi_ainosketchbook
愛のスケッチブック+3
70年代半ばのアイドルです。
彼女が残したシングル3曲、アルバム1枚をすべて収録してあります。
当時はシングルしか聞いていませんでしたが、
アルバム全曲のクオリティの高い音作りに改めて驚かされました。
Morita_tsugumi_shoujokiMorita_tsugumi_sayonarahaniawanaiMorita_tsugumi_koishitekaigandoori


ついでに
Bluecomets_groupsoundshitr
思い出のグループ・サウンズ・ヒット』もいただきました。
大御所GSが、すでにGSという言葉すら消滅した71年にリリースした後輩GS曲のカバー。
しかもそれぞれの曲が、ブラスロックやプログレッシブロック、ラテンロックなど当時流行のニューロック・テイストでアレンジされているというあたりがミソ。面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 8日 (月)

新作&旧新作

近所のレンタルショップで2本。
麦子さんと』と『この空の花 -長岡花火物語
『麦子さんと』は、堀北さんが死んだ母親の人生を探す物語。なんか似たような設定の作品ってなかったっけ。『四十九日のレシピ』『つやのよる』とか未見だけど『チチを撮りに』とか。あまり評価されていない気もするけど吉田監督だから面白いかも。>堀北さんの生真面目さと余さんの崩れた感じが対照的に描かれていますが、それがうまく行っていたかというと疑問です。娘が母親の過去を訪ねながら、自分が愛されてたことを知り新たな出発をする。ありがちな話ではありますが。その語り口に吉田監督らしい軽さが足りなかったのが残念です。
『この空の花 長岡花火物語』は、2012年の大林宣彦作品。なぜか今頃DVD化されました。>大林さん意欲的です。映画の常識にとらわれません。それでいてなおかつ映画であろうと奮闘します。こういう教条的な平和主義は嫌いではありません。若者の雑学にも筋道が必要とは大林さんの若者批判だろうし、眼を閉じれば祈りが見えてくるとは花火=映画でしょう。言いたいことをズバッと描きます。文句言いようがありません。私の好みであろうとなかろうと。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 6日 (土)

9月の新刊

9月新刊から気になる新書・文庫・選書をピックアップしてみました。

◎岩波新書「哲学の使い方」鷲田清一
分かりやすい哲学を目指す著者による哲学でなにが出来るかという問い。
私の本棚にある「哲学の現在」とか「哲学以前の哲学」あたりよりもさらに実践的哲学なのかも。

◎岩波新書「二〇世紀の歴史」木畑洋一
帝国主義の時代としての「長い二〇世紀」の歴史。
手元にある「博覧会の政治学」「想像の共同体」よりはもっと政治史なのでしょう。

◎岩波新書「〈運ぶヒト〉の人類学」川田順造
アフリカがフィールドの文化人類学者。
うちにあるのでは「悲しき熱帯」の訳者で「歴史のある文明・歴史のない文明」の共著者。
<運ぶ>ことで人類が誕生したというのは、自然人類学的な話ではないとすると、たとえば「ホモ・ルーデンス
みたいな文化論のなでしょうか。

◎岩波新書「京都〈千年の都〉の歴史」高橋昌明
京都の町について書かれた本では「謎解き洛中洛外図」ぐらいしか持っていません。

◎中公新書「言論抑圧 - 矢内原事件の構図」将基面貴巳
戦前の言論弾圧問題についてはまったく持っていないのですが、いちおうチェックしておきました。

◎中公新書「マリー・アントワネット フランス革命と対決した王妃」安達正勝
当然フランス革命で断頭台に消えた王妃の物語。どうやったって面白いでしょう。
フランス革命小史」「フランス革命史」「絵で見るフランス革命」あたりでどうでしょう。

◎講談社現代新書「ヴァロワ朝 フランス王朝史2」佐藤賢一
西洋史専門の小説家によるフランス通史。残念ながら本業の小説は持っていませが、「英仏百年戦争」と「ダルタニャンの生涯」があります。

◎講談社ブル-バックス「地球はどうしてできたのか」吉田晶樹
日本沈没」以来マントルに親しんで(?)きました。我が家では「ロストワールド・科学の旅」がその辺。

◎平凡社新書「一遍と時衆の謎: 時宗史を読み解く」桜井哲夫
いわゆる日本仏教の始祖の中では一遍がいちばん好きです。
絵詞もいろんな意味を読み取れそうで面白いですしね。
とかいってうちにある一遍は、「日本思想大系〈10〉法然・一遍」ぐらいで、あとは「鎌倉新仏教の誕生」「増補 無縁・公界・楽」が関連しているでしょう。

◎集英社新書「ブッダをたずねて 仏教二五〇〇年の歴史」立川武蔵
著者のものでは「はじめてのインド哲学」を持っています。
仏教の歴史ならいろいろ持っていますが「「覚り」と「空」」や「佛教の思想」あたりでしょうか。

◎白水社文庫クセジュ「世界のなかのライシテ; 宗教と政治の関係史」ジャン・ボベロ
ライシテとはフランスの政教分離のこと。
フランス革命以来、キリスト教と政治の関係はほかのヨーロッパ諸国とは異なるうえに、近年はイスラム教徒の増加による新たな問題も発生して難しいようです。


◎岩波文庫「国家と宗教――ヨーロッパ精神史の研究」南原 繁
プラトン「国家」からカント「永久平和論」へと繋がる理想主義を戦時下の日本で論じています。

◎岩波現代文庫「フロイトとユング――精神分析運動とヨーロッパ知識社会」上山安敏
心理学ではなく思想史の本です。
上山の著書では「世紀末ドイツの若者」「魔女とキリスト教」を持っています。

◎岩波現代文庫「原始仏典を読む」中村 元
中村氏の原始仏典という概念は近年批判的に捉えられているようですが、博識にもとづいた語りの分かりやすさはどれだけ評価してもしすぎるということはないでしょう。
著作では「東洋人の思惟方法」、訳では「スッタニバータ」は持っています。

◎岩波現代文庫「古代中国の思想」戸川芳郎
儒学、荘子、神仙思想など個々の思想はいくつか持っていますが、諸子百家全般を扱った本は持っていません。

◎岩波現代文庫「人はなぜ歌うのか
オリジナルを持っています。

◎講談社学術文庫「三国志演義 (一)」井波律子
岩波文庫版と徳間文庫版を持っています。

◎講談社学術文庫「古代エジプト 失われた世界の解読」笈川博一
オリジナルを持っています。

◎講談社学術文庫「日本探検」梅棹忠夫
モゴール族探検記」「文明の生態史観」の梅棹氏による日本論。

◎ちくま学芸文庫「公衆とその諸問題: 現代政治の基礎」ジョン・デューイ
プラグマティズムのデューイ。

◎ちくま学芸文庫「宗教生活の基本形態 オーストラリアにおけるトーテム体系 (ちくま学芸文庫)」エミール・デュルケーム
いちおう宗教学を学んでいましたので岩波文庫版はあります。

◎中公文庫「評伝 北一輝 - III 中国ナショナリズムのただなかへ」松本健一
今月も出ます。

◎中公文庫「江戸の温泉三昧」鈴木一夫
江戸時代の温泉に関する記述は「江戸の旅」「江戸文化評判記」に見られます。

◎角川ソフィア「折口信夫 魂の古代学」上野 誠
折口については「神と翁の民俗学」「神々の精神史」「カミの人類学」などに見えます。
本来は著作集でも読んでおけばいいんですけどね。

◎角川ソフィア「柳田国男集 神隠し・隠れ里」柳田国男
柳田国男集の一冊。

◎角川ソフィア「百万都市 江戸の経済」北原 進
手元にある類書といえば、「江戸の産業ルネッサンス」「流通列島の誕生」「図説 大江戸おもしろ事典」あたりですが。


◎講談社メチエ「緑の党 運動・思想・政党の歴史」小野 一
すっかりヨーロッパの政治勢力の一角を担っている緑の党。
うちの本棚で登場するのは「統一ドイツのゆくえ」ぐらいです。

◎角川選書「江戸名所図屏風を読む」黒田日出男
絵画資料の読解を続ける著者の最新作。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「豊臣秀頼」福田千鶴
おそらく、秀頼は家康を脅かす存在だったというような話なんじゃないでしょうか。

◎吉川弘文館歴史文化ライブラリー「地方官人たちの古代史: 律令国家を支えた人びと」中村順昭
古代の地方については、「古代農民忍羽を訪ねて」「よみがえる古代文書」ぐらいでしょうか。

今月の目玉は
新書では「<運ぶヒト>の人類学」「一遍と時衆の謎」、
文庫の「フロイトとユング」「江戸の温泉三昧」
選書の「江戸名所図屏風を読む」
あたりで、なかでも「一遍と時衆の謎」がいちばん気になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 5日 (金)

荻窪BOOKOFF&貫井図書館

荻窪のBOOKOFFで
明治デモクラシー」。
日本の民主主義の伝統を明治から連続しているものとして捕らえようという試み。
うちの蔵書では「自由民権」「革命思想の先駆者」あたりが関連する。

貫井図書館で
キリストの顔: イメージ人類学序説」「検証 長篠合戦」。

「キリストの顔」は、偶像禁止と信仰の狭間で描かれたキリスト像の歴史。
参考文献に挙げられているのでは「西洋中世奇譚集成 皇帝の閑暇」「王の二つの身体」「黄金伝説抄」が手元にあります。
「検証 長篠合戦」は、「戦略戦術兵器事典 2 日本戦国編」「検証戦国城砦攻防戦」あたりに書かれているマニア向け情報を超えるどれだけ新しい知見が得られるのかが勝負。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 4日 (木)

新作2本

近所のレンタルショップで新作2本。
愛の渦』と『白ゆき姫殺人事件
『愛の渦』の見所はもちろん門脇麦さん。これは、昨年映画化されて高評価を受けた『恋の渦』と同じ戯曲をもとに原作者の三浦大輔が自ら監督したもの。本家だから勝つのかっていうとそういう訳ではないでしょうが、こっちが本家です。ちなみに『恋の渦』はあのクズさに多分ついていけないと思うので観ません。>門脇さんは言うことなしです。でもそれだけです。その周りのたとえば店長と恋人、窪塚くんのラスト、スワッピングに来た恋人達とか何か意味ありげなエピソードはちっとも面白くありません。
『白ゆき…』は、あと味の悪さ満載の湊かなえが原作。井上真央さんが悪役(?)に挑戦か。>あれれ?全然主役じゃないジャン。だって出てこないんだもの。動き回るのは頭の悪いテレビマンだけ。だいたいネットを扱った映画で面白かったためしがない。ツイッターだろうがSNSだろうが、映画で文章読んで面白いか?それも気持ちの悪い馬鹿な文章ばっかり。小説なら成り立つのかもしれないけれど、この展開映画じゃ持たない。謎は誰が解いたんだ。それを扱わないミステリーとはある意味スゴイ。小野恵令奈、谷村美月、宮地真緒、蓮佛美沙子、貫地谷しほり、そして野村佑香(!)と豪華な女優陣の、これほどまでに華のない使い方。残念です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 2日 (火)

BOOKOFFで1冊

川口のBOOKOFFで1冊。
平家の群像 物語から史実へ
平家物語の史実を探るという意味では、うちにある「源平合戦の虚像を剥ぐ」「平家物語―「語り」のテクスト」あたりと通じ合うのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 1日 (月)

追悼 稲葉真弓

小説家の稲葉真弓さんが亡くなりました。
うちには「エンドレス・ワルツ」「月よりも遠い場所」の2冊があります。
「エンドレス・ワルツ」は映画化もされています。鈴木いずみがモデルですから嫌いじゃありません。

他の作品もいくつか読んでいます。
繊細な感性で丁寧に紡がれた世界は、エロティックでときに狂気に満ちたものでした。

以前に仕事でお宅に伺ったことがあり、年老いた猫と暮らしていたのを思い出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »