« 追悼 鈴木則文 | トップページ | 運動会と大宮 »

2014年5月19日 (月)

新作DVD4本

久しぶりに近所のレンタルショップでDVDを借りてきました。
そして父になる
上京ものがたり
ばしゃ馬さんとビッグマウス
四十九日のレシピ

今回は私好みの監督さんが揃って期待作ばかりです。
『そして…』は是枝裕和監督作品。事前情報が多すぎて食傷気味なところがありますが虚心坦懐に(無理かな)観たいものです。尾野さん、真木さんという旬の二人が出てるだけで観る価値があるはずです。>なんか、ダメ親父がエライって言う話しなのかと思って心配していたけど、福山父さんいいじゃないですか。ただ産んだ生まれただけじゃなくて、自分で選んでこの子の親になりこの親の子供になる。そういう話だね。納得です。敢えて言えば、父だけじゃなく、尾野さんの葛藤ももう少し描いて欲しかった気もします。
『上京…』は『女の子ものがたり』の森岡利行監督。西原理恵子自伝ものにはずれなしとはいいませんが、主演が北乃さんというのも不安交じりでいいですねえ。>もうちょいでベストテンという感じ。何かが惜しい。あまりドロドロせずにさわやかに仕上がっているともいえるんですけど、すんなり成功しているように見えてしまうのは失敗なんじゃないでしょうか。北乃さん以外では美大の優等生の女の子が大いに気になる。
『ばしゃ馬さん…』は吉田恵輔監督。『純喫茶磯辺』『さんかく』ともに私の年間ベストテンでした。主演が麻生久美子さんも見逃せません。>もうちょっと軽味のある展開かと思ったら真正面からのストレートな内容。ヒネりもなければ肩透かしもない。まとも過ぎて残念でした。
『四十九日のレシピ』は、あらすじだけ聞いたら観なかったかもしれませんけど、監督が『俺たちに明日はないッス』『ふがいない僕は空を見た』のタナダユキとなれば話は別です。おまけに永作さんと二階堂さんが出演と、どこをとっても悪かろうはずがありません。それでもこのあらすじと宣伝文句は心配です。>心配の方に出てしまった。普通の(私が感動しない)感動作でした。私の好きなタナダユキではありませんでした。残念。死んだお母さんの若いころの女優さんは悪くない。でも変な外国人とか、おバカな女の子んい引きずられるという、本気かというよな作劇にうんざりでした。傍若無人な人間はエラいという寅さん的発想は嫌いです。

|

« 追悼 鈴木則文 | トップページ | 運動会と大宮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/59670539

この記事へのトラックバック一覧です: 新作DVD4本:

« 追悼 鈴木則文 | トップページ | 運動会と大宮 »