« 練馬区長選&区議補選結果 | トップページ | 大宮へ »

2014年4月23日 (水)

追悼鈴木晄

映画編集の鈴木晄氏が亡くなりました。享年85歳です。
日活に入社し、1954年『お月様には悪いけど』が第1作。
以来2004年の『透光の樹』まで432本の作品を手懸けています。
私が観ているのはそのうち1/4強の119本。
これはKINENOTEのよく観るスタッフの第1位で、私の観た映画のおおよそ20本に1本は鈴木氏が編集した作品ということです。
私が観ている作品でいちばん古いのは57年の『俺は待ってるぜ』。
と思ったが、KINENOTEのフィルモグラフィに『俺は待ってるぜ』がない。
よくよく調べてみると、どうやら元のキネ旬の記事が誤っていたのかもしかすると映画のスタッフロール自体が間違っていたのか、私の観た鈴木晄編集作品のうち『俺は待ってるぜ』『嵐を呼ぶ男』『関東無宿』は鈴木晃、『娘の季節』は鈴木暁、『鴎よ、きらめく海を見たか めぐり逢い』は鈴木映とそれぞれ異なる表記になっています。
というわけで 私が観た鈴木編集作品は5本増えて124本ということになります。
そのうち以下の25本は私の年度別ベストテンに入っている作品です。
『白鳥』
『野良猫ロック・セックスハンター』
『不良少女・魔子』
『八月はエロスの匂い』
『宵待草』
『伊豆の踊子』
『性処女 ひと夏の経験』
『悲愁物語』
『高校大パニック』
『人妻集団暴行致死事件』
『太陽を盗んだ男』
『さらば映画の友よ インディアンサマー』
『桃尻娘 ラブアタック』
『遠雷』
『セーラー服と機関銃』
『ションベン・ライダー』
『探偵物語』
『お葬式』
『それから』
『恋文』
『プルシアンブルーの肖像』
『永遠の1/2』
『風の又三郎 ガラスのマン』
『居酒屋ゆうれい』
『ファザーファッカー』


合掌

|

« 練馬区長選&区議補選結果 | トップページ | 大宮へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/59520610

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼鈴木晄:

« 練馬区長選&区議補選結果 | トップページ | 大宮へ »