« 追悼 岩谷時子 | トップページ | 合唱コンクール »

2013年10月31日 (木)

図書館で3冊

図書館で予約していた3冊を借りる。
渡来の古代史
海の武士団
シルクロードの古代都市

「渡来の古代史」は、わが家にも「日本神話の世界」「日本神話」と2冊の著書がある日本古代史の重鎮による古代史エッセイ。
渡来系氏族の系譜から漢字、道教、仏教、神話、古墳などとてんこ盛りの内容で、うちの書棚の関連しているものを挙げたらきりがなくなるほど。
そのなかから選ぶとすれば「古代朝鮮と日本文化」「日本の歴史〈3〉飛鳥の朝廷」「日本文化の歴史」「日本書紀の謎を解く」「日本国家の形成」「聖徳太子」「高松塚壁画古墳」あたりか。

「海の武士団」は、中世日本で活躍した、時に海賊と呼ばれ、時には水軍と呼ばれる武士集団の全体像を描こうという野心的な試み。
やや手を広げ過ぎているのではと心配な気もする。
参考文献に挙げられているのでは網野善彦の「日本論の視座」「増補 無縁・公界・楽」「日本とは何か 日本の歴史〈00〉」に「エゾの歴史」と「徳政令」。
たぶん「海から見た戦国日本」も無関係ではないはず。

「シルクロードの古代都市」は、アムダリア川流域の遺跡をから見た古代中央アジア史。
同じ著者による「シベリアに憑かれた人々」「」、訳書では「埋もれたシルクロード」は持っている。
私の蔵書では、内容的に「砂漠の文化」がもっとも近く、「中央アジアの歴史」「古代オリエントの宗教」が参考になりそう。

|

« 追悼 岩谷時子 | トップページ | 合唱コンクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/58488423

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で3冊:

« 追悼 岩谷時子 | トップページ | 合唱コンクール »