« 『風立ちぬ』 | トップページ | 久々のDVDレンタル »

2013年10月12日 (土)

図書館で1冊

夕方、中村バスに買い物に行ったついでに図書館で予約をしていた本を受け取る。
ゴーレムの生命論」。
ユダヤ教の伝説にある人造人間ゴーレムから、ips細胞にいたる生命倫理について論じたもの。
別に生命倫理について読みたいわけじゃなく、ゴーレムについて知りたかっただけ。

多数挙げられている参考文献のうち手元にあるのが、
神の国 四
動物誌
怪物のルネサンス
黒い聖母と悪魔の謎
魔術の帝国
ニューロマンサー
ファウスト
フランケンシュタイン
ロボット(R.U.R)
山椒魚戦争
幻獣辞典
ボマルツォの怪物」。
読んだことがあるのは「動物農場」。
映画では『2001年宇宙の旅
エイリアン2

手元のもので、他に多少なりともゴーレムに関するものは
幻獣の話
オカルト
自動人形に関するものでは
古代憧憬と機械信仰
ユートピアと文明

|

« 『風立ちぬ』 | トップページ | 久々のDVDレンタル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/58373218

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で1冊:

« 『風立ちぬ』 | トップページ | 久々のDVDレンタル »