« 中公新書・文庫8月新刊 | トップページ | ルネサンス関連2冊 »

2013年8月 7日 (水)

久々の新作3本

近所のレンタルショップで久々にDVD3作を借りる。
ストロベリーナイト
さよならドビュッシー
横道世之介
『ストロベリー…』は、竹内結子さんががんばっているらしいのでそれがどう出るかでしょうね。>あのお竹内さんあんなおまわりさんでいいんですか?目の前の相手が捜査対象になっている組の幹部ということにも気がつかないなんてそれだけでアウトでしょう。おまけに惹かれていくってのはどう?やっぱ悪いやつはもてるってことか?ダメでした。
『さよなら…』は、橋本愛さん頼みですが一本調子なところが気にかかる。>表情がなくても声が一本調子でもよかったんだ。ミステリーとしては全然たいしたことないけど、まずまずの出来でしょう。
『横道…』は、吉高由里子さんだし、まっとうな青春映画というからこのなかでいちばん。『キツツキと雨』の沖田監督というのも期待大。>惜しい。期待が大きかった分肩透かしっていう感じかな。いい奴がいたよねっていう思い出話?なんか大きな見落としがあるのかなあ。そんな魅力的な男か横道世之介って。たぶんそこが評価の分かれ目だろうね。私にはピンと来ない。土足でズカズカってほど傍若無人じゃないけれど、やっぱり好きなタイプじゃない。もちろん吉高さんは可愛い。でも、あの時がどう今(映画の現在)とつながっているのか分からなかった。悪い映画でないのは確かだけど、やっぱり惜しい映画だ。

|

« 中公新書・文庫8月新刊 | トップページ | ルネサンス関連2冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57943786

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の新作3本:

« 中公新書・文庫8月新刊 | トップページ | ルネサンス関連2冊 »