« もしイタ | トップページ | 選挙戦終盤 »

2013年7月17日 (水)

久々の新作2本

しばらく会っていない友人にメールを出したら、
なんと今日手術のために入院するとかで、病院に向かうタクシーから返事をくれた。
偶然とは恐ろしいものです。それにしてもそんな最中に返事をくれるとは律儀な友達を持ったものです。
早い回復を祈らずにいられません。

近所のレンタルショップでDVD新作2本。このところの暑さでDVDを見る気力も失せていたので久しぶりです。
東京家族』と『映画 鈴木先生』。
『東京家族』は小津の『東京物語』へのオマージュというあたり心配ですけど、山田洋次作品だからきっといい映画でしょう。問題は私の琴線に触れるかどうかだけです。>100%とはいいませんが95%予想通りの映画です。橋爪功、西村雅彦は小津を意識しすぎたかのような硬い演技だし、こぶ平(正蔵ですか?)は(演出でしょうが)食事シーンが見るに耐えず、妻夫木くんは感情がオーバーで情緒不安定。それに、いまどき舞台美術できっちり仕事やってりゃ全然将来ダメじゃないジャン。観ている人は心配しないと思うけど。それに比べれば女優さんたちは良かった。吉行さん蒼井さんは申し分なし。夏川さんは硬すぎ、中嶋さんはいささかやりすぎかも。島で世話をやいてくれる近所の女の子が良かった。ま、儲け役ではあるけれど未来への希望だね。
てなわけで、いい映画だけど琴線に触れないってやつです。
『鈴木先生』は、テレビドラマは観ていませんが評判はいいようだし、期待大です。>微妙です。もしかしたら段々心に残るかもしれませんが、今日現在では、いささか長すぎるのが気になりました。生徒会役員選挙と文化祭の演劇、それに引きこもりをダブらせていく構成はありかとおもいますが、いささか冗長でした。
鈴木先生の妄想に「さよなら絶望先生」を思い出しましたが気のせいでしょうきっと。

参議院議員選挙期日前投票者数速報
7月17日(水)7,145 累計46,848
前回13日目 6,706 累計45,097

|

« もしイタ | トップページ | 選挙戦終盤 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57812374

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の新作2本:

« もしイタ | トップページ | 選挙戦終盤 »