« 都議会議員選挙期日前投票者数 | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »

2013年6月23日 (日)

都議選結果

午前中に都議選の投票に行く。

昼食後散歩がてら下井草のユニクロへ。
蒸し暑くて疲れる。


都議選の最終投票率は結局前回より10%以上落ちている。
やっぱりそうか。盛り上がっていなかったものな。
要するに期日前投票は組織票だから前回と差は少なく、当日には肝心の浮動票が動かなかったということですね。

結果は、民主負けすぎというぐらいであまりに予想通り過ぎ。
ほんとうに民主は選挙が下手だ。


最下位当選者と最高得票の落選候補の票差が1%未満の選挙区は7選挙区あり、そのうち4選挙区で民主党が落選。
最下位と落選候補の差を3%まで広げると、20選挙区が含まれ、そのうち12選挙区で民主党候補が最高得票で落選者。あとはみんな3、維新2、無所属3(内訳は民主離党1、オンブズマン系1、民主保守系1)。
ちなみに民主が落選した選挙区の最下位当選候補の政党は、共産が4、自民とみんなが3、ネットが2。仮に民主がもう少し選挙が巧みで、すべてで最終議席に滑り込んだとしても、自民56・民主27・公明23・共産14・みんな4・維新2・ネット1・無所属1だから、大勢に変化はない。

もうひとつちなみに、その差3%以下で滑り込んだ最下位当選者の所属政党を見ると、共産7、民主4、みんな3、自民3、ネット2、維新1。共産がいちばん効率よく当選したって言うことだ。


|

« 都議会議員選挙期日前投票者数 | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57655407

この記事へのトラックバック一覧です: 都議選結果:

« 都議会議員選挙期日前投票者数 | トップページ | 夏目漱石の美術世界展 »