« 新作2本 能年玲奈2連発 | トップページ | 光が丘でクールビズ »

2013年6月 6日 (木)

中央公論新社6月の新刊

6月の新刊情報に間に合わなかった中央公論新社の新書と文庫。

◎中公新書「忘忘れられた哲学者 - 土田杏村と文化への問い」清水真木
まったく知らない人。西田門下というからめんどくさそう。

◎中公新書「世界史の叡智 - 勇気、寛容、先見性の51人に学ぶ」本村凌二
同じ著者で持っているのは「馬の世界史」だけだけど、古代ローマが専門の人。
さて51人とは誰なんでしょう。カエサルとかキケロとかなのか、歴史から教訓を語るというのはあまり好きではないけどね。そういうのは塩野さんにでも任せておけばいいのに。

◎中公新書「言語学の教室 哲学者と学ぶ認知言語学」西村義樹/野矢茂樹
記号論への招待」の池上嘉彦氏も認知言語学らしいが、認知言語学といわれてもさっぱりお手上げ。

◎中公新書「バチカン近現代史 ローマ教皇たちの「近代」との格闘」松本佐保
うちでバチカンといえば「ローマ教皇検死録」ぐらい

◎中公文庫「福澤諭吉 - その報国心と武士道」西部 邁
わが家の福澤諭吉は筆者が批判して止まない丸山真男の「文明論之概略を読む」だけ。気が合うわけないな。

どれか読めと言われりゃ無理を承知で「言語学の教室」かな。

|

« 新作2本 能年玲奈2連発 | トップページ | 光が丘でクールビズ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57537728

この記事へのトラックバック一覧です: 中央公論新社6月の新刊:

« 新作2本 能年玲奈2連発 | トップページ | 光が丘でクールビズ »