« 6月の気になる新刊 | トップページ | 中央公論新社6月の新刊 »

2013年6月 5日 (水)

新作2本 能年玲奈2連発

近所のレンタルショップで新作を2本借りる。
カラスの親指
グッモーエビアン!

『カラス…』は、昨年の犯罪映画がことごとく私の好みからずれているので心配。だけど、主演が阿部さんだし、能年さんと石原さんも出ているからカラッとした明るい作品になっているのではと期待しています。>残念。大きくはずしてしまった。能年さんは良かったが、それじゃカバーできなかった。何だこのもっさりとした演出は。スピード感のかけらもない。この三倍ぐらいのスピードでしゃべらせるか、科白をぶった切ってどんどん進めていかなければ、観ていてイライラしてくる。何度早送りしようとしたことか。ラストのオチだって、あれで納得できるか?やくざはどうなったんじゃ。人情話にしてどうするつもりだ。どだい村上ショージに長科白を言わせること自体間違っている。せっかっくの石原さんがいまいちってどうなってるんだ。
『グッモー…』は、傍若無人がエライみたいな話なのではという不安は拭えないけれど、麻生さんだしもしかすると。そういえばこっちにも能年さんが出ている。>やっぱダメだ正視に耐えない。ほかは飛ばして能年さんと三吉さんのシーンだけ見てた。私はこういう人をいい人だという話は嫌いだ。

|

« 6月の気になる新刊 | トップページ | 中央公論新社6月の新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57530436

この記事へのトラックバック一覧です: 新作2本 能年玲奈2連発:

« 6月の気になる新刊 | トップページ | 中央公論新社6月の新刊 »