« 「幕末・維新」 | トップページ | 「安政の大獄」 »

2013年4月15日 (月)

上の子の誕生日 追悼三国連太郎

今日は上の子の誕生日。
もう13歳です。

貫井図書館に行って幕末関連7冊を借りる
文明国をめざして (日本の歴史 13)
開国と幕末の動乱 (日本の時代史)
日本開国史
幕末史
幕末維新変革史(上)
幕末の天皇
幕末の朝廷

下の2冊をのぞけば通史的な知識を仕入れておこうという作戦です。
これにうちにある
黒船異変」「黒船前後の世界
幕末の薩摩」「幕末の長州
吉田松陰」「武市半平太
高杉晋作」「幕末維新人名事典
あたりを足せばどうにかなりそう。

俳優の三国連太郎が亡くなったそうです。
KINENOTEのデータベースによれば出演作品は187本。
そのうち私が観たのは43本。
わが母の記
大鹿村騒動記
美味しんぼ
夏の庭~The Friends~
大病人
ひかりごけ
豪姫
息子
利休
嵐が丘
マルサの女2
蛍川
人間の約束
波光きらめく果て
未完の対局
セーラー服と機関銃
アッシイたちの街
ミスター・ミセス・ミス・ロンリー
『あゝ野麦峠』
復讐するは我にあり
野性の証明
皇帝のいない八月
霧の旗
『黒木太郎の愛と冒険』
八甲田山
犬神家の一族
『妖婆』
わが青春のとき
金環蝕
『雨のアムステルダム』
戒厳令
『藍より青く』
旅の重さ
約束
告白的女優論
戦争と人間 第二部 愛と悲しみの山河
内海の輪
戦争と人間
野獣都市
神々の深き欲望
飢餓海峡
飢餓海峡
狼と豚と人間
『妻』

印象に残っているのは『飢餓海峡』、『戦争と人間』『金環蝕』『復讐するは我にあり』あたり。
私にとっては最初から財界の黒幕とかそんな役どころが似合う俳優というイメージで、そんなに演技が上手いというよりは何をやっても"三國連太郎"という俳優でしょう。
晩年のでは「夏の庭」が記憶に残っています。

合掌

|

« 「幕末・維新」 | トップページ | 「安政の大獄」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57178359

この記事へのトラックバック一覧です: 上の子の誕生日 追悼三国連太郎:

« 「幕末・維新」 | トップページ | 「安政の大獄」 »