« 『贖罪』 | トップページ | ひな祭り »

2013年3月 2日 (土)

久々の六本木

午前中は、下の子の矯正にいつもの歯医者。
矯正器具の調整に時間が掛かり、ただひたすら待つだけ。

午後は六本木で打ち合わせ。
こちらで調達できる資料に限りがあるといったら、分厚い辞書のような資料を手渡されてしまった。
仕方ないので準備して行ったカートに積んでかえることに。

あとは、久しぶりに映画の話で盛り上がる。
東京オリンピック』『戦争と平和 』『黒部の太陽』『風林火山』なんかを
学校の授業で映画館に見に行ったとか。
まあ、中学生が集団で見たって、『戦争と平和』の胸の開いたドレスとか、『風林火山』で中村錦之助が佐久間良子の胸に手を入れるとかくだらないところで歓声が上がっただけなんですけどね。

近所のレンタルショップで『贖罪』の続きを借りる。
今度は安藤サクラと池脇千鶴の回とエンディング。
>安藤さんはもちろんいいのだけど、こういうキャラははまりすぎでお腹いっぱいになってくる。
池脇さんは本筋とあまり絡んでいない分、他の女優に比べて伸び伸びと演じている感じ。
>で、最後の解決編。これがそれまでの4人に比べて圧倒的につまらない。
これでいいのか小泉さん?
殺した理由もつまらなければ、謎解きも何もない。
あの4人の子どもの贖罪は何だったのか。


|

« 『贖罪』 | トップページ | ひな祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/56875331

この記事へのトラックバック一覧です: 久々の六本木:

« 『贖罪』 | トップページ | ひな祭り »