« 桐ヶ谷斎場 | トップページ | ビデオ屋さん大賞 »

2013年3月20日 (水)

DVD2本

春分の日

近所のレンタルショップでDVD2本借りる。
おおかみこどもの雨と雪』と『ル・アーヴルの靴みがき』。
『おおかみこども…』は評判もいいし宮崎さんだし、嫌いではないはず。>うーん。はずしたかな。なんか共感できるとことろが見つからない。子育てで悩むあたりは、普通の子どもだってけっこうあんなもんでしょうが(うちの子も休日に鉢植えの肥料を食べてしまってあわててどこぞの研究機関に毒ではないかと電話したことがあったし)、田舎に引っ越してからはトントンと進みすぎてさっぱり。頑固祖父さんがいい人だったり、そんなのミエミエじゃん。クライマックスも釈然としないままエンド。あれで感動できるのかなあ。そもそもいちばん良くないのはナレーションじゃないかな。なぜ回想にしたのかな。普通に現在進行形じゃだめだったのかな。
『ル・アーヴル…』はカウリスマキだから悪いはずはない。>善行には奇跡が待っているという気持ちのいい映画。

|

« 桐ヶ谷斎場 | トップページ | ビデオ屋さん大賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/57013124

この記事へのトラックバック一覧です: DVD2本:

« 桐ヶ谷斎場 | トップページ | ビデオ屋さん大賞 »