« 1月の新刊 | トップページ | 毎日映画コンクール »

2013年1月16日 (水)

追悼大島渚

映画監督の大島渚が亡くなりました。
日本映画データベースによると監督作品は28本(うち長編映画は24本)。
そのうち私が見ている作品は以下の13本。
愛と希望の街
青春残酷物語
白昼の通り魔
日本春歌考
無理心中 日本の夏
絞死刑
帰って来たヨッパライ
新宿泥棒日記
新宿泥棒日記
儀式
夏の妹
愛の亡霊
戦場のメリークリスマス
御法度
オンタイムで観たのは最後の3本だけで、
あとは映研の自主上映で観たり、
名画座のオールナイトでみたり、
最近になってDVDで観たりとさまざま。
それなのに、なぜか代表作のひとつ『愛のコリーダ』を観ていない。
全体に理屈っぽく面白みに欠ける嫌いがあり、私好みとはいえないが
そんな中でお気に入りといえるのは
『愛と希望の街』『青春残酷物語』『夏の妹』の3本。
女の子が主人公の作品ばかりです。

ただし、テレビで威張っている大島渚は自分の役割を演じていたのでしょうが、嫌いでした。

合掌

|

« 1月の新刊 | トップページ | 毎日映画コンクール »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/56556810

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼大島渚:

« 1月の新刊 | トップページ | 毎日映画コンクール »