« KINENOTEに外国映画登録完了 | トップページ | 文化の日 »

2012年11月 1日 (木)

追悼長野洋

脚本家の長野洋氏が亡くなりました。
“太陽にほえろ”や山口百恵の“赤のシリーズ”、“スクール・ウォーズ”などテレビが主な活躍の場でしたから、手懸けた映画は16本とそんなに多くありませんが、そのうち半分以上の9本を観ています。
『娘ざかり』
幽霊屋敷の恐怖 血を吸う人形
『二人だけの朝』
『恋人って呼ばせて』
『雨は知っていた』
『裸足のブルージン』
『若い人』
季節風
黄金のパートナー
内藤洋子、吉沢京子といった若手人気女優や桜田淳子、野口五郎などのアイドル歌手が出演する青春映画が並んでいますが、和製ホラーの傑作『幽霊屋敷の恐怖・血を吸う人形』や『冒険者たち』を換骨奪胎したスタイリッシュなサスペンス『黄金のパートナー』など私のお気に入りの作品も書いています。
それにしても東宝はDVD化してくれないなあ。

合掌

|

« KINENOTEに外国映画登録完了 | トップページ | 文化の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/56022903

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼長野洋:

« KINENOTEに外国映画登録完了 | トップページ | 文化の日 »