« ナンジャタウンふたたび | トップページ | 10月新刊 »

2012年10月 7日 (日)

図書館で3冊

中村橋に買い物に行ったついでに、図書館で予約していた3冊を受け取る。
謎とき『悪霊』
ドストエフスキーの謎解きといえば同じ新潮選書で「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」「白痴」の謎を解いている江川卓の専売特許かと思っていたら、亀山先生が残された「悪霊」の謎をといてくれるとは。(あとがきによれば、江川氏は生前「謎とき『悪霊』」を雑誌に連載し始めたが、病のため中断されたままに終わったので、その空白を埋めるためにこのタイトルになったとのこと。目次を見た限りではスタイルは全然異なるようです)

「イタリア」誕生の物語
イタリア統一についてはガリバルディとかカヴールとか通史で読んだことがあるぐらいなので、面白いかな。やや普通すぎる気もするが。

ドイツ観念論 カント・フィヒテ・シェリング・ヘーゲル
タイトルの無味乾燥ぶりからは意外なほど、カントからヘーゲルにいたる大哲学者たちをひとまとめに理解しようという大胆な試み。これはイケルかも。

|

« ナンジャタウンふたたび | トップページ | 10月新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/55840444

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で3冊:

« ナンジャタウンふたたび | トップページ | 10月新刊 »