« ハムスター病院へ | トップページ | 堀川弘通死去 »

2012年9月 5日 (水)

『麒麟の翼』『ロボジー』

生活のリズムが変化したおかげでしばらく更新しなっかたけれど、ようやく復活です。
近所のレンタルショップで日本映画を2本。
麒麟の翼』と『ロボジー』。両方とも東宝だ。
『麒麟の翼』は「新参者」の劇場版。
息子が改心しようが、恋人が再出発を決心しようが、後味は悪い。
死んだ人はみんないい人で、理由もなく死んでもう戻ってこない。
そもそも原因であるプールの事故も嫌な気分にさせるだけで、何の希望も見えてこない。
それをまるでいい話のように描く語り口に違和感があるばかり。
いや、阿部寛も新垣さんもいいので、そこは観ていて損はないのだけれど、そもそも原作が嫌な話なんだろうか。
『ロボジー』。
これもどうなんだろう。
ロボットがあんなことしたら、ばれないわけないでしょうに。
そりゃ達者な矢口監督のこと面白くは見せてくれる。
でも、いいのかそれで。っていう感じは否めない。


|

« ハムスター病院へ | トップページ | 堀川弘通死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/55608389

この記事へのトラックバック一覧です: 『麒麟の翼』『ロボジー』:

« ハムスター病院へ | トップページ | 堀川弘通死去 »