« ニッセイ名作劇場 | トップページ | 7月の新刊新書文庫選書 »

2012年7月 9日 (月)

三者面談連チャン

小学校の三者面談。
学校側の配慮か今日一日でふたり分連チャン。
まずは上の子から。
学力診断テストの結果を見ながらいろいろ。
一応半分よりは上という程度らしい。
基礎は出来ているようですが、活用が・・・。
(活用って応用のことか?)
中学校ではスピードも大切になります。
(うちの子はとにかく遅い)
などなど。
中学校については受験する子も結構いるみたいだ。
うちの子は公立で良いんじゃないかと思うが。
まあ全体とすれば大きな問題はなさそう。

で、問題は下の子。
まず、朝先生に呼ばれたら前を見てしっかり返事をしましょう。
宿題を提出しましょう。
音読はしっかり声を出して、句読点を間違えず。
漢字書き取りは、たくさんやらなくても良いから一字一字正確に。
友だちにも、嫌なら嫌と自分の意見をしっかり言えるように。
先生にはなついているようなので、それだけが救いですが、
とにかく基本的なことばかり。

生活のリズムが大切です。
(まったく耳が痛いことばかり)
国語の基本ができていないと、理科や社会も問題が読めないし、解答を正確にかけない。
(その通り!)

うちが最後の回だったので、2人分ぐらいかけて延々と先生の話は続きました。
いやあうちでも同じことは言ってるんですけどとは口に出せず。

以前に比べれば算数とか積極的にやるようになったんですけどと言ってはみたが、
親御さんは他のお子さんを見ていないのでそう見えると思うんですが、
まだまだがんばれると思うんですよ。と軽くいなされてしまう。

こりゃ相当厳しいってことですね。

|

« ニッセイ名作劇場 | トップページ | 7月の新刊新書文庫選書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三者面談連チャン:

« ニッセイ名作劇場 | トップページ | 7月の新刊新書文庫選書 »