« 保護者会 | トップページ | 開校記念日 »

2012年5月16日 (水)

レンタル2本と図書館で5冊

朝からいい天気。気温もどんどん上がる。

いつものレンタルショップの新作半額デーで萌芽を2本。
ツレがうつになりまして。』と『惑星のかけら』。
『ツレうつ』は、宮崎さんが悪いはずはないのだが、なんせ監督が生真面目な(?)佐々部さん。軽いタッチにはならないだろうなあ。>予想通りだよ。最後の講演会はいらないよなあ。あれで台無し。ドキュメンタリーじゃないんだからドラマとして(決着つかないという決着も含めて)決着つけてほしい。
宮崎さんは『神様のカルテ』と似たタイプ。ってかちょっとはまりすぎで、もう少し冒険がほしい。
『惑星…』は、よく分からないけど監督が女性だし大穴だな。>映像も粗いし話も女の子がストーカーに付いて渋谷の街をうろつくというだけ。でもいいんだなあ、こういうグダグダ感は。女の子の身の上話とか、やや説明をつけ過ぎる気もするけれど、作品の中の彼女は生きていた。ベストテンに入れようか悩ましい作品(いまのところ矢崎監督らしい緻密な映像ながら理に落ちすぎた『不倫純愛』を10位にしているけれど)。
最近、期待はずれが多いからそろそろ昨年のベストテンをひっくり返すような作品に出会いたいものです。

そのあとSEIYUで朝食の材料を買い、図書館によって予約していた5冊を受け取る。
西洋哲学史 4」「論語-真意を読む」「マリヴォー研究」「アルファフリー イスラームの君主論と諸王朝史〈1〉〈2〉
「西洋哲学史」は分かる人が読めば価値があるのだろうが、「1」と「2」にいまいちピンとこないまままた借りてしまった。
「論語」は、近年発見されている竹簡資料に基づいた新たな知見が披露されているとのことなので、既存の論語観を覆してくれるのか楽しみ。
「マリヴォー研究」は18世紀フランスの劇作家にして小説家マリヴォーのこと。
彼のユートピア3部作と呼ばれる戯曲の原題&発表年を確認するために予約したんだと思うが、目次にそれらしき言葉はない。
「アルファフリー」。まったく知らないが東洋文庫のページを眺めていて読んでみようかと。
君主論というからヨーロッパでいう“君主の鑑”みたいなものでしょうか。
関連するのは、イスラム王朝史という点ではイブン=ハルドゥーン「歴史序説 (1) (2)〈3〉〈4〉」、“君主の鑑”ならトマス・アクィナス「君主の統治について」かな。

あとで高野台のBOOKOFFを覗いてみたが成果なし。

|

« 保護者会 | トップページ | 開校記念日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/54728899

この記事へのトラックバック一覧です: レンタル2本と図書館で5冊:

« 保護者会 | トップページ | 開校記念日 »