« KINENOTE更新(60年代まで) | トップページ | KINENITO登録邦画完了 »

2012年4月18日 (水)

レンタル2本と図書館で4冊

近所のレンタルショップ新作半額デーで2本。
僕たちは世界を変えることができない。』と『やがて来たる者へ』。
狙っていた『ツレがうつになりまして。』は借り出されていて、ずっとパスしていた『僕たちは…』に。評判がよくても出てるのは男の子ばかりで私好みとはいえない作品だがどうだ。>だめだこりゃ。カンボジアに学校を作ろうというのは、それがボンボンの自己満足だろうが偽善だろうが、悪いはずはないのだけれど、映画としてどうなんだっていうことだ。だって飲んで騒いでお金を集めて、俺様が作ったんがから学校に来いってカンボジアの子供を怒鳴りつける私立医大生にどう共感したらいいのよ。
『やがて…』はつらそうな内容だが、気になる作品。>良い。第二次世界大戦中イタリアで起きたドイツ兵による虐殺事件を元にした作品。山村の日常が戦争という暴力によって破壊されていくありさまが、淡々と美しい映像によって描かれている。もちろん少女が森の中を走るという私好みのシーンもある。やや後半が長い気もするけれど。ここのところいい作品に恵まれていなかっただけに、こういう作品に出会えると、駄作を見続けることも決して無意味でないと思えてくる。

図書館で予約していた2冊「ヒメの民俗学」「日本遊行宗教論」と、開架から「四字熟語の中国史」と「ユートピアの終焉」。
予約していた2冊は調べものの続き。

|

« KINENOTE更新(60年代まで) | トップページ | KINENITO登録邦画完了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/54502240

この記事へのトラックバック一覧です: レンタル2本と図書館で4冊:

« KINENOTE更新(60年代まで) | トップページ | KINENITO登録邦画完了 »