« よく観るキャスト4年分 | トップページ | かっぱ寿司 »

2012年3月10日 (土)

神波史男死去

脚本家の神波史男が亡くなりました。

キネマ旬報のデータベースで調べたら手がけた作品は64本。
そのうち私がみているのは公開の古いのから順に、
日本暴力団 組長』深作欣二
女囚701号さそり』伊藤俊也
人斬り与太 狂犬三兄弟』深作欣二
女囚さそり 第41雑居房』伊藤俊也
女囚さそり 701号怨み節』長谷部安春
0課の女 赤い手錠』野田幸男
新・実録おんな鑑別所・恋獄』小原宏裕
暴走パニック 大激突』深作欣二
暴力教室』岡本明久
『カラテ大戦争』南部英夫
高校大パニック』沢田幸宏、石井聰互
総長の首』中島貞夫
白昼の死角』村川 透
その後の仁義なき戦い』工藤栄一
濡れた週末』根岸吉太郎
忍者武芸帖 百地三太夫』鈴木則文
狂った果実』根岸吉太郎
未完の対局』佐藤純弥、段 吉順
野獣刑事』工藤栄一
海燕ジョーの奇跡』藤田敏八
逆噴射家族』石井聰互
火宅の人』深作欣二
メイク・アップ』中原 俊
華の乱』深作欣二
ふうせん』井上眞介
ぼくと、ぼくらの夏』小平 裕
おろしや国酔夢譚』佐藤純弥
渇きの街』榎戸耕史
の28本。
全体の半分には満たないけれど、私にとっては4番目に良く観ている脚本家ということになります。
ちなみに、『仁義の墓場』はキネ旬では鴨井達比古だけが表記されていますが、アマゾンでは松田寛夫、神波史男も表記されています。どうやら神波氏が関わったのは確かなようですが、映画にどうクレジットされているか、確認していないので、ここではカウントしていません。
深作作品をはじめとした東映東京を中心にロマンポルノも加えて、70年代以降の主な作品はほぼ観ているといっていいでしょう。60年代の未見作品で気になるのは緑魔子主演の『非行少女ヨーコ』ぐらいでしょうか。
乾いたタッチのミステリー&アクションが得意という印象で、お気に入りの脚本家として意識したことはなかったけれど、改めて作品リストを眺めると、私の年間ベストテンに入っている『高校大パニック』、『逆噴射家族』をはじめ、『人斬り与太』、『女囚さそり』シリーズ、根岸作品の2本、『海燕ジョーの奇跡』、『メイク・アップ』など好きな作品が数多く並んでいます。

合掌

|

« よく観るキャスト4年分 | トップページ | かっぱ寿司 »

コメント

1年以上前の記事へのコメント失礼します。
「仁義の墓場」のクレジットを確認してみましたが、鴨井達比古、松田寛夫、神波史男の順で3名連記となっていました。
とあるイベントでの神波氏ご本人の話では「鴨井氏の脚本を松田氏と二人で全面リライトした」とのことでした。
失礼しました。

投稿: アンジェイ和田 | 2013年7月17日 (水) 23時05分

わざわざ確認していただき恐縮です。やっぱりクレジットされているんですね。
私のような表面をなぞるだけのものからすると、アンジェイさんのブログの奥深さには脱帽です。スゴイ!!

投稿: 眠鳥 | 2013年7月19日 (金) 03時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/54201675

この記事へのトラックバック一覧です: 神波史男死去:

« よく観るキャスト4年分 | トップページ | かっぱ寿司 »