« 疑惑の手伝い | トップページ | 小学校保護者会 »

2012年1月11日 (水)

『日輪の遺産』

近所のレンタルショップで
日輪の遺産』。
浅田次郎の人情戦争話(カナ?)。
当初の予想していたよりも評判はいまいちみたいだけど、
女の子たちがたくさん出ているとなれば、私としては外すわけにはいかない。
>いや、外したなこれは。女の子たちの話ではなかった。
たくさんいるが描き分けられていない。ひとかたまりの12人の少女でしかない。
それに彼女たちがちっとも戦時中の高女には見えないことにもがっかり。
私は現実の軍国少女は観たことはないが、母親が彼女たちより3歳ほど上で、
勤労動員で列車に乗って海軍飛行場へ向かう途中に終戦を迎えたという経験を持っている。
その母親の話やまだ戦争経験者がいたころの戦争映画で観た軍国少女たちと比べると
いくらユースケ先生が平和主義者だったからって整列して点呼するスピードがトロすぎる。
それだけで大減点だ。

|

« 疑惑の手伝い | トップページ | 小学校保護者会 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/53712602

この記事へのトラックバック一覧です: 『日輪の遺産』:

« 疑惑の手伝い | トップページ | 小学校保護者会 »