« 日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 | トップページ | 大宮の猫と新垣結衣 »

2012年1月26日 (木)

追悼テオ・アンゲロプロス

ギリシアの映画監督テオ・アンゲロプロスが新作撮影中に事故死をしたという。
享年76歳と聞いて驚いた。何故かもっと老人のイメージがあった。

アンゲロプロスの作品では、初期の代表作『旅芸人の記録』や『アレクサンダー大王』は観ていないが、『シテール島への船出』『霧の中の風景』『こうのとり、たちずさんで』『ユリシーズの瞳』『蜂の旅人』『永遠と一日』と6作観ている。
なかでは幼い姉弟の旅を描いた『霧の中の風景』がもっとも私好みで、その年の私のベスト1だったのをはじめ、全部で4作もベストテン入りしている。テン入りしていない『シテール島への船出』や『こうのとり、たちずさんで』だって嫌いじゃないから、けっこうお気に入りの作家と言っていい。ただ、DVDBOXは出ているもののレンタルショップで扱っていないので、見落とした作品を見ることができないのが悲しい。
なにはともあれ合掌。

テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX I (旅芸人の記録/狩人/1936年の日々)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX II (ユリシーズの瞳/こうのとり、たちずさんで/シテール島の船出)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX III (霧の中の風景/蜂の旅人/アレクサンダー大王)
テオ・アンゲロプロス全集 DVD-BOX IV (永遠と一日/再現/放送/テオ・オン・テオ)
エレニの旅 [DVD]

|

« 日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 | トップページ | 大宮の猫と新垣結衣 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/53833868

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼テオ・アンゲロプロス:

« 日本インターネット映画大賞外国映画部門に投票 | トップページ | 大宮の猫と新垣結衣 »