« 歯医者その2 | トップページ | ヨコハマ映画祭 »

2011年12月10日 (土)

追悼市川森一

脚本家の市川森一氏がなくなりました。
デビューが66年の”怪獣ブースカ”で遺作が今年の”蝶々さん”、
代表作には”傷だらけの天使””淋しいのはお前だけじゃない”がある。
映画では88年の『異人たちとの夏』が最初の作品で、全部で7本手懸けている。
私が観ているのは『異人たちとの夏』『淀川長治物語 神戸篇 サイナラ』『黄色い涙』『その日のまえに』の4本。
このうち『淀川長治物語』『黄色い涙』は映画オリジナルではなくテレビがもと。
やっぱりテレビの世界の人と言っていいでしょう。


|

« 歯医者その2 | トップページ | ヨコハマ映画祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/53462841

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼市川森一:

« 歯医者その2 | トップページ | ヨコハマ映画祭 »