« 『さや侍』 | トップページ | 12月新刊 »

2011年12月19日 (月)

追悼松本礼児

作詞家の松本礼児氏が焼身自殺をしたという。
新聞などでは五木ひろしや大月みやこの作品を手掛けたと書かれているが、
私が知っている彼の作品は、
79年「ジュリーがライバル」(石野真子)、
80年「どうして私を愛したのですか」(高田みずえ)、
81年「ムーンライト・キッス」(河合奈保子)
という70年代末から80年代初頭のアイドル楽曲のみ。
手元には全部で7曲の音源がある。
そのうち「ジュリーがライバル」は79年の私の18位、
「どうして私を愛したのですか」は80年の2位。
恋に破れた少女のセンチメンタルな心情を冬の京都を舞台に
清々しく表現したカントリーフォーク調の名曲です。
この頃の高田みずえは、「潮騒のメロディ」や「私はピアノ」「愛のイマジネーション」のように
ビブラートを抑えてしゃれたポップスに挑戦していた時代。
そのなかにあって、シンプル&ナチュラルでいい味を出していました。

演歌の作詞家先生になってからの氏の活動ぶりは知らないが、
自ら命を絶つとは・・・

合掌

|

« 『さや侍』 | トップページ | 12月新刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/53525349

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼松本礼児:

« 『さや侍』 | トップページ | 12月新刊 »