« 平凡社東洋文庫10月新刊に家島彦一訳の「インドの驚異譚」 | トップページ | 『アレクサンドリア』 »

2011年10月15日 (土)

練馬BOOKOFFで久々の収穫

いつも履いてる靴が破れてしまったので練馬へ買換えに。
2~3軒探して結局SEIYUに落ち着く。
せっかく練馬に来たのだからBOOKOFFに寄ってみる。
CDSを「KISSして」と「piece」の2枚。それに中公新書の「ヴィーコ - 学問の起源へ」と久々の収穫。
「KISSして」は柴咲コウが歌う“ガリレオ”の主題歌。柴咲さんは、思い入れたっぷりに歌うよりポップで楽しい曲の方が合っているように感じます。手元にはほかに「invitation」と「最愛」がある。
「piece」は新垣さんの3rdシングル。いいねえ。昔っから女優さんのへなちょこな歌声が大好きです。
ヴィーコについては、学生の頃歴史哲学の先駆者として注目して、世界の名著の「新しい学」を読んだ記憶がある。著作としては岩波文庫「学問の方法」があり、解説書としては「ヴィーコとヘルダー」「ヴィーコ入門」がある。
また著者の上村忠男の訳したものでは、上記の「学問の方法」のほか「夜の合戦」「完全言語の探求」がある。

|

« 平凡社東洋文庫10月新刊に家島彦一訳の「インドの驚異譚」 | トップページ | 『アレクサンドリア』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/52997534

この記事へのトラックバック一覧です: 練馬BOOKOFFで久々の収穫:

« 平凡社東洋文庫10月新刊に家島彦一訳の「インドの驚異譚」 | トップページ | 『アレクサンドリア』 »