« 池袋 | トップページ | キャンプの続き~この夏いちばんの暑さ »

2011年8月17日 (水)

相模湖キャンプ

家族で相模湖のキャンプ穣へ。
富士見台から西武池袋線で秋津まで行き、そこで新秋津駅へ歩いて武蔵野線へ乗り換え。
武蔵野線で西国分寺。中央線に乗り換えて高尾。また乗り替えて一駅目が相模湖。
相模湖駅からは神奈川中央交通のバスでプレジャーフォレスト下車。
車に弱い上の子も酔い止めの薬を飲んでどうにか大丈夫でした。
ゲートからは送迎バスでキャンプ場の受付へ。これが相当の勾配の山道。徒歩で行くとなると死んでいたかも。
荷物をコインロッカーに入れて、遊園地へいく。
一日フリーパスなんだけど、まずは食堂で腹ごしらえ、リフトに乗って山頂に行き、観覧車で景色を眺めたところで妻はひと休み。残り3人で“ピカソのたまご”というアスレチックゲームに参加したものの、こっちは丸太越えのようなゲームで脛にアザを作ってリタイア。子供たちも半分ほど進んだところで暑さのためにギブアップ。
かき氷を食べたりして元気を取り戻して受付へ戻ってチェックイン。
カンテラとマットレスをもらって75番のテントへ。
テントの中は温室状態。とてもじゃないが生きていけない。さっそく持ってきた小型扇風機で外気を取り込む。
どうにか人が生きていけるぐらいになり、荷物を整理したり、シャワーを浴びたりしているうちにそろそろ夕食時間。
でっかいバーベキュー場で渡されたプレートに肉の塊が4人分。その肉が、いつものうちの食事なら1人前分でも十分な量。食っても食っても終わらない。隣の席では、大学生らしきグループがハチが来たと言って逃げ回って大騒ぎ。それなのになぜか我が家には影響なしでした。
食事も終わりだんだん暗くなって来ると、キャンプファイヤーの時間。
司会の青年が盛り上げてくれて、子供たちも大喜び。
夜になると心配していた暑さも随分とやわらぎ、テントのなかでもゆっくり休めた。
もうひとつの心配だった虫も、テントの周りにまいたバリヤーのような虫よけが効いたのか、昔ながらの蚊取り線香が効いたのか、とくに刺されることもなく眠ることができた。

真夜中1時過ぎに目が覚めてテントの前で夜空を見上げていると、南の空に流れ星がひとつ。うん。いいことありそうだ。


|

« 池袋 | トップページ | キャンプの続き~この夏いちばんの暑さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 相模湖キャンプ:

« 池袋 | トップページ | キャンプの続き~この夏いちばんの暑さ »