« チャットモンチー2枚 | トップページ | 荻窪のBOOKOFFで安藤希 »

2011年7月28日 (木)

追悼 小松左京

草創期の日本SF界を星新一とともに牽引した小松左京が死んだ。
星新一がショートショートの名人なら、小松左京は壮大で神話的なドラマを構築するのが上手かった。
とはいえ私が持っている氏の著作7冊(「日本沈没〈上〉〈下〉」「アダムの裔」「果しなき流れの果に」「闇の中の子供」「復活の日」「夜が明けたら」「継ぐのは誰か」)のうち3冊は短編集。軽妙洒脱という風ではないけれど、短編らしい技巧的な作品も得意としていた。むしろ長編よりも文学的ですらあった。
そんななかでもいちばんお気に入りは「お召し」(「アダムの裔」所収)。
長編ではやっぱり「日本沈没」が面白い。
彼の著作のうち映画化されたのは『日本沈没』(2006年にリメイク)『エスパイ』『復活の日』『さよならジュピター』『首都消失』の5本。
このうち観ているのは『日本沈没』の2本と『復活の日』。

|

« チャットモンチー2枚 | トップページ | 荻窪のBOOKOFFで安藤希 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/52334801

この記事へのトラックバック一覧です: 追悼 小松左京:

« チャットモンチー2枚 | トップページ | 荻窪のBOOKOFFで安藤希 »