« 映画カメラマンリストほぼ完成版 | トップページ | 新作2本 »

2011年6月12日 (日)

脚本家ベストテン

昨日の続きで私の観た作品数の多い脚本家ベスト10

田中陽造 32『ツィゴイネルワイゼン』『魚影の群れ』など
荒井晴彦 31(32)『遠雷』『ヴァイブレータ』など
神波史男 28『女囚701号 さそり』『狂った果実』など
田波靖男 28『エレキの若大将』『クレージーだよ 奇想天外』など
丸山昇一 26『野獣死すべし』『友よ、静かに瞑れ』など
桂 千穂 25『暴行切り裂きジャック』『HOUSE』など
斉藤ひろし(斎藤 博)23『猫のように』『秘密』など
那須真知子 23『ビー・バップ・ハイスクール』『横須賀男狩り 少女・悦楽』など
橋本 忍 22(23)『七人の侍』『日本のいちばん長い日』など
山田信夫 21『憎いあンちくしょう』『戦争と人間』など
石森史郎 21『旅の重さ』『青春デンデケデケデケ』など

12位以下は
井手俊郎 20『放課後』など
新藤兼人 20(30)『事件』など
笠原和夫 18『仁義なき戦い』『二百三高地』など
高田宏治 17『鬼龍院花子の生涯』など
松田寛夫 17『人斬り与太 狂犬三兄弟』など
池田一朗 17『セックス・チェック 第二の性』など
中島丈博 16(18)『祭りの準備』など
佐治 乾 16『誇り高き挑戦』など
野沢 尚 16『赤と黒の熱情』など
と続く。

※数字は観た作品数。ただし自身が監督をした作品は順位にカウントせずカッコ内に含めた数を表記。
 監督作品も含めると、森田芳光、山田洋次、黒澤明、大森一樹、市川崑なども入ってきてしまう。

こちらも日活のワンツーフィニッシュ。ベストテンの半分はロマンポルノ出身だ。
ただカメラマンに比べるとベテランに偏っている感はある。

|

« 映画カメラマンリストほぼ完成版 | トップページ | 新作2本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/51932469

この記事へのトラックバック一覧です: 脚本家ベストテン:

« 映画カメラマンリストほぼ完成版 | トップページ | 新作2本 »