« 5月新刊選書の残り | トップページ | 映画カメラマンリストほぼ完成版 »

2011年6月10日 (金)

図書館で5冊&CD1枚

上の子の忘れ物(今日が締め切りだと言って昨晩描いていた子供夏祭りのポスター)を学校に届けに行った足で図書館に寄る。
3冊返却して予約していた5冊を受け取る。
世界を変えた発明と特許」もう少し文化史的かと思ったが、ビジネス寄りの内容のようだ。ハズレかも。
妄想かもしれない日本の歴史」これもハズレっぽい。まとまったエッセイではなく著者があちこちに書きなぐった文章の寄せ集め。関東憎しで凝り固まった京都学派らしい皮肉のきいた内容も水で薄められた感あり。選書で出すほどのものか。
ギリシア文明とはなにか」ペルシア、エジプトを含む東地中海世界の辺境としてのギリシアという視点が面白そう。
心霊の文化史」イギリスの心霊主義の流れを、降霊会、骨相学、神智学から心理学、田園都市へとたどっていく文化史。高山宏「奇想天外・英文学講義」あたりにも近く、日本の心霊学については「「こっくりさん」と「千里眼」」がある。同じ著者の「フリーメイソン」や訳書「薔薇十字団」は持っている。
遣唐使の光芒
遣唐使そのものについての本は持っていない。大きな流れは「日本文化交流小史」にあり、「日本の国号」「渤海国の謎」「入唐求法巡礼行記」あたりが参考になりそう。

ついでに開架のCD棚を眺めて『アリス ニューベストナウ 70』も借りる。
何をいまさらですが、チューリップ、甲斐バンド、オフコース、かぐや姫、ガロなど70年代のニューミュージック系ビッググループのなかで、アリスだけが私のライブラリーになかったもんで。

|

« 5月新刊選書の残り | トップページ | 映画カメラマンリストほぼ完成版 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/51904282

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で5冊&CD1枚:

« 5月新刊選書の残り | トップページ | 映画カメラマンリストほぼ完成版 »