« 驟雨 | トップページ | 免許更新 »

2011年5月23日 (月)

安藤庄平死去

カメラマンの安藤庄平氏が20日にお亡くなりになっていた。
児玉清や長門裕之の訃報に隠れて気がつかなかったが、私にとってはもっと大きなニュースだ。

1967年に『花を喰う蟲』(西村昭五郎)でデビュー、以後日活ニュー・アクション、ロマンポルノ、ATGなどで100本を越える作品に携わってきた。遺作となったのは2002年の『ピカレスク人間失格』(伊藤秀裕)。
1981年には、なんと『泥の河』『スローなブギにしてくれ』『遠雷』という傑作を3本も手がけている。

数多い氏の作品の中で私が観ているのは、69年の『私が棄てた女』から93年の『さまよえる脳髄』まで45本。これでも半数にも満たない。
ざっと挙げてみよう。

1969.09.03 私が棄てた女  日活
1970.08.01 野良猫ロック・ワイルド・ジャンボ  日活
1970.12.15 女子学園ヤバイ卒業  日活
1971.02.06 関東流れ者  日活
1971.11.20 団地妻 昼下がりの情事  日活
1972.08.16 八月はエロスの匂い  日活
1974.11.22 バージンブルース  日活
1976.01.24 新・実録おんな鑑別所・恋獄  日活
1976.07.07 キャンパス・エロチカ 熟れて開く  日活
1976.08.21 四畳半青春硝子張り  日活
1976.12.25 サチコの幸  日活
1977.04.23 性と愛のコリーダ  日活
1977.05.21 横須賀男狩り 少女・悦楽  日活
1977.07.30 泥だらけの純情  東宝
1978.02.04 襲う!!  日活
1978.03.18 危険な関係  日活
1978.07.08 エロチックな関係  日活
1979.02.03 クライマックスレイプ 剥ぐ!  にっかつ
1979.04.28 桃尻娘 ラブ・アタック にっかつ
1979.07.07 白く濡れた夏  にっかつ
1979.08.18 十八歳、海へ  にっかつ
1979.09.22 濡れた週末  にっかつ
1980.09.13 太陽の子 てだのふぁ  共同映画
1981.01.30 泥の河  東映
1981.04.07 スローなブギにしてくれ  東映
1981.10.24 遠雷  ATG
1982.09.15 未完の対局  東宝
1982.09.18 コールガール 松竹
1983.01.29 人生劇場  東映
1983.08.05 ダブルベッド  にっかつ
1983.09.17 暗室  にっかつ
1984.10.10 麻雀放浪記  東映
1985.06.08 夢千代日記  東映
1987.12.19 待ち濡れた女  にっかつ
1988.10.29 妖女の時代  東宝
1989.09.15 帝都大戦  東宝
1990.04.28 死の棘 松竹
1991.03.01 ハネムーンは無人島  松竹
1991.12.07 四万十川  ヘラルド
1992.02.15 ジェームス山の李蘭  東映.
1993.02.19 愛について,東京  パイオニアLDC
1993.05.08 人間交差点・不良  パイオニアLDC
1993.06.05 人間交差点・雨  パイオニアLDC
1993.06.26 人間交差点・道  パイオニアLDC
1993.12.04 さまよえる脳髄  ヒーロー

このうち私の年間ベストテンに入っているのは『野良猫ロック ワイルドジャンボ』『八月はエロスの匂い』『バージンブルース』『横須賀男狩り 少女・悦楽』『桃尻娘 ラブアタック』『泥の河』『遠雷』『四万十川』『愛について、東京』『人間交差点 不良』の10本。藤田敏八作品が多いってことだ。
見逃している作品で気になるのは『(秘)色情めす市場』『伽耶子のために』あたり。

合掌

これを機にこれまで観てきた映画のカメラマンをチェックしてみよう。ちょっと時間はかかりそうだけど。


|

« 驟雨 | トップページ | 免許更新 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/51754397

この記事へのトラックバック一覧です: 安藤庄平死去:

« 驟雨 | トップページ | 免許更新 »