« どうした「キネ旬」!採点表にミス連発 | トップページ | 代休 »

2011年2月 5日 (土)

学校公開&展覧会そしてリハビリ

子供たちの学校公開(授業参観)のため土曜だけど授業がある。
2時間目に下の子の「生活」を見て、3時間目に上の子の「算数」を見る。
下の子の「生活」はこの1年で自分ができるようになったことを発表するというもの。そういえば上の子も2年の学校公開で同じ授業をしていた。上の子のはかくし芸大会のようなもので、剣道や空手、こま回しなどを披露していた。うちの子はといえば覚えたばかりの(下手な)お手玉を自慢そうにやっていた。一方、下の子のはというと「漢字を覚えました」、「九九ができるようになりました」と同じ発表の連続でつまらないこと夥しい。うちの子は「水彩絵の具で絵を描けるようになりました」という他の子とは一味違う発表だったんだけど、惜しいかな彼女は人前で話すのが苦手。声は小さく何言ってるかさっぱり分からずじまい。クラスメイトの感想も「声は小さいけれど最後まで言えてよかったと思います」と、多分リハーサルの時は途中でやめちゃったんだろうなと思わせるありさま。
上の子の「算数」は少数の割り算。まあ先生がかみ砕いて説明しているのがかえってこっちにはわかりにくい。
途中で抜け出して体育館の展覧会へ。
今学年は学芸会ではなく展覧会。全校生徒の作った絵画、工作、手芸などを体育館に陳列してある。
下の子は、空想の魚を描いた紙版画とこんな家に住みたいという工作。なかなか躍動感のあるフォルムの魚と庭の木や洗濯物など小物に凝った家で、予想以上にいい出来。見直した。
上の子は、想像上の花の絵とネームプレートの焼き物。花の絵は斜めの構図でしっかり描いて、本人曰く「まっすぐにしちゃうとヒマワリみたいになっちゃう」と、作戦を考えてある。
展覧会もそこそこに近所の医院で五十肩のリハビリ。思い切りほぐしてもらうが、これがこの前より痛い。相当ひどいらしいからしばらく続きそうだ。

|

« どうした「キネ旬」!採点表にミス連発 | トップページ | 代休 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/50808793

この記事へのトラックバック一覧です: 学校公開&展覧会そしてリハビリ:

« どうした「キネ旬」!採点表にミス連発 | トップページ | 代休 »