« 五十肩 | トップページ | 下の子の2連休で鬼は外 »

2011年2月 2日 (水)

レンタル2作

近所のレンタル店の新作半額デーで2本借りる。
瞬 またたき』と『必死剣鳥刺し』。
『瞬』は北川景子の記憶喪失もの(?)。>話とすれば喪の儀式というか、親しい人の死を受け入れる葛藤を描いたものなんでしょう。だから無理やりあんな事故にしなくてもよかったんじゃないでしょうか。他に助かり方がありそうに思えるでしょう。あれじゃ。それにどうなんだ?北川さんの柄ではないような。例えばちょっと前の小西真奈美がやっていた感じ。乗り切れませんでした。
『必死剣…』はこのところ毎年のように映画化されている藤沢周平原作。あらすじを聞いた範囲では似たパターンではある。それにこのタイトルちょっと笑える。そういえば昨年は上の北川さんも藤沢原作の『花のあと』で主演していた。>評判が良かっただけにもうちょっと期待していたけど、残念でした。まず気になるのは事件全体の構図が見えてこないこと。側室を切った藩士がなぜ重用されたのか、本人に分らなくてもいいんだが、観ている方がさっぱりわからないというんじゃ不親切過ぎやしまいか。小日向文世が「結局変わらなかった」といったこと、側室の侍女が「なぜお斬りになった」と聞いたことなどの伏線は放りっぱなし。豊川悦司が思慮なしということでいいのか。ミステリじゃないのなら、海坂藩の美しい景色を撮るか、池脇千鶴嬢の美しさを強調するかして抒情溢れる作品にするかといえば、そちらも不徹底。殺陣の凄さをいう人もいるが私にはその辺の興味はないので。


|

« 五十肩 | トップページ | 下の子の2連休で鬼は外 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/50757525

この記事へのトラックバック一覧です: レンタル2作:

« 五十肩 | トップページ | 下の子の2連休で鬼は外 »