« 日本映画ベストテン投票へ向けて | トップページ | 1月の新刊新書・文庫 »

2011年1月20日 (木)

眼球の寸法&日本インターネット映画大賞

去年から続いている白内障の検査。コンタクトをはずして1カ月になるので眼球の寸法が落ち着いた時点ということで今日が最終日。
右目の眼球の長さは30mm以上もあって先生もこれはひどいですね。と驚いていた。
手術日は3月の上旬で、それまでコンタクトレンズは使えないということで、しばらくは牛乳瓶の底の眼鏡暮らしが続く。あ~あ。


夜日本インターネット映画大賞の投票をする。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「時をかける少女」       4点
  「武士道シックスティーン」   3点
  「さんかく」          3点
  「告白」            2点
  「スイートリトルライズ」    2点
  「パーマネント野ばら」    2点
  「ケンタとジュンタとカヨちゃんの国」1点
  「すべては海になる」      1点
  「今度は愛妻家」        1点
  「シーサイドモーテル」     1点
【コメント】
上位2作品の元気少女を除けば、自分でもあきれるほどのダメ男揃い。そして女たちは恋愛の妄想に生きる。ある意味似た作品ばかりだ。未見で気になる『悪人』や『海炭市叙景』にもそんな匂いが漂う。
-----------------------------------------------------------------
【監督賞】              作品名
   [古厩智之] (「武士道シックスティーン」)
【コメント】
監督の存在を強烈に主張したという意味では『告白』の中島哲也を推すべきなのかもしれないが、確かな演出という点で古厩監督に。
【主演男優賞】
   [棄権]
【コメント】
男に興味はありません
【主演女優賞】
   [仲里依紗] (「時をかける少女」「ゼブラーマン ゼブラシティの逆襲」)
【コメント】
入れたい人満載で困ってしまう。成海さん、北乃さん、田畑さん、松さん、菅野さん、みな素敵だけどこれまでにない魅力を見せた仲さんに1票。
【助演男優賞】
   [棄権]
【コメント】
男に興味はありません
【助演女優賞】
   [池脇千鶴] (「パーマネント野ばら」「スイートリトルライズ」)
【コメント】
「ケンタとジュンタとカヨちゃんの国」「すべては海になる」「スイートリトルライズ」の安藤サクラとも考えたけど、池脇さんの儚さとあたたかさの混ざった微笑みに。
【ニューフェイスブレイク賞】
   [小野恵令奈] (「さんかく」)
【コメント】
意外な大穴でした。
【音楽賞】
  「ケンタとジュンタとカヨちゃんの国」
【コメント】
エンディングテーマに泣けた。
【ブラックラズベリー賞】
  「棄権」
【コメント】
私にとってどんなダメ映画でも誰かにとってはいい映画かもしれない。

>もう何回も投票してるのに投票場所を間違えて、投票し直したけど、締め切りを過ぎてたから無効だったかも。
おまけに得点の合計が20点!10点ケチってどうする気だったんでしょう。さらに恥ずかしいことに 前日観たばっかりの「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」を「ケンタとジュンタとカヨちゃんの国」と誤記。いっそのこと無効の方がいいぐらいです。


|

« 日本映画ベストテン投票へ向けて | トップページ | 1月の新刊新書・文庫 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/50642197

この記事へのトラックバック一覧です: 眼球の寸法&日本インターネット映画大賞:

« 日本映画ベストテン投票へ向けて | トップページ | 1月の新刊新書・文庫 »