« 今日も年賀状 | トップページ | 2010年今年の10冊 »

2010年12月30日 (木)

ようやく「バウドリーノ」

午前中池袋へ出掛ける。
まずヤマダ電機に行ってゲーム用にeneloopを購入。なんせwiiのリモコンは電池を食うからね。
次いでBICカメラで読込専用DVDドライブ。今までCDから音楽を取り込むのに、古いPCに一旦入れてからUSBメモリーでモバイルPC へ移すという馬鹿なことをやっていたのをこれで相当スピードアップできそう。何たって単純に取り込む速度が違うもの。
最後にリブロに寄って「バウドリーノ(上)(下)」を買う。買わねばと思いながら延び延びになっていたウンベルト・エーコの新作。これが今年の本納め。
なんせ舞台が十字軍、神聖ローマ皇帝フリードリッヒ2世1世、そして司祭ヨハネとくれば私の趣味のど真ん中。読む前から面白くないはずがないと断言できてしまう。たとえば私の書棚からでも「生き残った帝国ビザンティン」、物語イタリアの歴史」の“皇帝フェデリーコの物語”神聖ローマ帝国」、「西洋中世奇譚集成 東方の驚異」など本書に関連する本がすぐ挙げられる。>そのほか主人公パウドリーノの師に当たるオットーについてはサザンの「歴史叙述のヨーロッパ的伝統」とケーギの「世界年代記」に記述がある。

|

« 今日も年賀状 | トップページ | 2010年今年の10冊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/50445800

この記事へのトラックバック一覧です: ようやく「バウドリーノ」:

« 今日も年賀状 | トップページ | 2010年今年の10冊 »