« お散歩日和 | トップページ | 五本指靴下 »

2010年10月15日 (金)

図書館で5冊

図書館で5冊借りる。
1冊は小説で「海炭市叙景」。
あとの4冊はすべて新書で「パリのグランド・デザイン」「中世民衆の世界」「無縁所の中世」「日本神判史」。

「海炭市…」は1990年に自殺した佐藤泰志の連作小説で、出身地函館をモデルとした架空の町海炭市の物語。映画化されて本年12月に公開予定。函館と聞いてついつい借り出す。
新書はすべて私自身の月毎の“気になる新書”から選んだもの。日本中世史が3冊(しかもどれも今年5月発売)そろったのは偶然だが、その内容には中世の法と秩序という相通じるものがありそう。我が家の本棚でいえば、網野善彦の「無縁・公界・楽」や永原慶二の「戦国時代」あたりか、あるいは西洋中世を扱った「決闘裁判」も関連があるかも。

小学校の終業式。
2学期制だから夏休みと無関係に突然(?)やってくる。やはりピンと来ない。
上の子はそこそこではあるけれど、下の子は厳しい。こっちとすれば1年の時よりはいろいろ出来るようになったと思いたいのだが、通知表ではそうは見てくれていない。どうやって彼女の意欲を引き出せるかだが。ついつい叱咤激励になってしまう。

|

« お散歩日和 | トップページ | 五本指靴下 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/49751190

この記事へのトラックバック一覧です: 図書館で5冊:

« お散歩日和 | トップページ | 五本指靴下 »