« | トップページ | 都民の日 »

2010年9月30日 (木)

アーサー・ペン死去

映画監督のアーサー・ペンが死亡した。
アーサー・ペンは1922年生まれ。テレビ映画出身で、1958年ポール・ニューマン主演のビリー・ザ・キッドもの『左ききの拳銃』が劇場映画監督としてのデビュー作。しかしこれは失敗作でしばらく映画を撮れなかった。その後、1962年にブロードウェイで演出を手掛けた『奇跡の人』を舞台と同じキャストで映画化して高い評価を受け(キネマ旬報のベストテンで2位)映画監督としての地位を固めることとなった。
以後日本で公開されたのは、
1966年『逃亡地帯』18位
1967年『俺たちに明日はない』1位
1969年『アリスのレストラン』22位
1971年『小さな巨人』3位
1973年『時よとまれ君は美しい ミュンヘンの17日』46位
1975年『ナイトムーブス』39位
1976年『ミズーリ・ブレイク』58位
1981年『フォー・フレンズ<4つの青春>』26位
1985年『ターゲット』-
1987年『冬の嵐』103位
で計12本(順位はキネ旬の順位)。キャリアの割に寡作といっていいでしょう。

日本で公開されていないのは、
1965年『Mickey One』
1989年『Penn & Teller Get Killed(ペン&テラーの死ぬのはボクらだ!?)』
1995年『リュミエールと仲間たち』(もしかしたら日本公開されているのかもしれないけれど未確認)の3本。
また、1995年のテレビ映画『インサイド』もビデオ化されている。
なお、1964年の『大列車作戦』は、撮影が始まってすぐ派手なアクション映画にしたい主演バート・ランカスターに首にされてジョン・フランケンハイマーと交代したため、クレジットはされていない。

ちなみに、私が観ているのは『俺たちに明日はない』『アリスのレストラン』『小さな巨人』『フォー・フレンズ』の4本だけで、そのどれもが私の年間ベストテンに入っている。しかも、『俺たちに明日はない』は洋画のなかで3本の指に入るお気に入り(あとの2本は『ミツバチのささやき』と『さらば青春の光』かな)。というわけで、間違いなく好きな監督なんだけど、それ以外の未見の作品は私の守備範囲に入っていない。
とくに『俺たち…』はアメリカンニューシネマの代表作として日本の青春映画にどれだけ多くの影響を与えたことか。私にとっては、その後の影響も含めて映画っていうのはこういうものだというぐらいの大切な作品。
ただ80年以降の作品がDVD化されていないことからもわかるように明らかに70年代以前の人です。

|

« | トップページ | 都民の日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/49614993

この記事へのトラックバック一覧です: アーサー・ペン死去:

« | トップページ | 都民の日 »