« 7月の新刊新書文庫 | トップページ | 早乙女愛亡くなる »

2010年7月26日 (月)

森毅さん&死去

数学者の森毅さんが亡くなった。
数学の素養のない私には専門が解析と言われてもハテサテお手上げですが。それでも数学史のエッセイ「魔術から数学へ」は持っています。
いかにも京都大学っていう感じの語り口の人(よく知らんけど)でした。

最近テレビで見かけないと思っていたら大火傷をなさっていたんですね。
合掌

練馬のBOOKOFFで「真説 鉄砲伝来」。
以後よく見るポルトガル人で1543年種子島に鉄砲伝来。以後よく来る宣教師で1549年ザビエル来日。と、年代を覚えたはずなのだが、どうやら鉄砲伝来は違うらしい。というのがこの本の内容。日本の鉄砲については「鉄砲を捨てた日本人」は面白かったが、こっちは細かい資料の解読による緻密な議論で濃厚な内容のよう。これは拾い物だ。

午前中上の子が発熱してサマースクールを休んで寝ていたので鍵をかけてちょっと出かけてしまう。その間鍵を持っていない下の子が帰ってきて、入れずに炎天下に部屋の前で1時間近く泣いていたとか。呼び鈴で起きるかと甘い考えだった。いやあ熱射病にならなくてよかった。一歩間違えれば恐ろしいことに。すまんわが子よ。

夕方上の子も一緒に皮膚科に。下の子のとびひはだいぶ良くなってきたけれど、うえのこのかきむしったひざの裏側は相当ひどい。おまけに上の子の咳も不審がられ、レントゲンを撮ったら気管支炎とか(ここは内科もやってます)。「何日も続いたらただの風邪じゃありませんよ」ときついお叱り。

|

« 7月の新刊新書文庫 | トップページ | 早乙女愛亡くなる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/48978129

この記事へのトラックバック一覧です: 森毅さん&死去:

« 7月の新刊新書文庫 | トップページ | 早乙女愛亡くなる »