« 代休 | トップページ | 鳩山さん辞任 »

2010年6月 1日 (火)

髪を切ってBOOKOFFと図書館

前髪が邪魔になってきたので池袋駅構内のヘアカット1000で散髪。

その後BOOKOFFで中公新書の「中国名医列伝」とCDSで鳳山雅姫の「シュラル」。
「中国名医列伝」に関連した中国医学について触れた本としては、家にあるのは「正史 三国志」および三国志関連の書籍に華佗の記述がある以外は「道教の神々々」、「不老不死」、「錬金術
錬金術」あたりの道教関連ばかり。>本書はせっかくの材料をつまらなく料理してしまった感じ。
鳳山さんのは僕の好きなアイリッシュっぽいサウンド。あやうく持っていると勘違いして見逃すところだった。

帰りに小茂根図書館に寄って予約していたCD5枚を受け取る。
生きたくはない僕等』上原あずみ
まちわび まちさび』クラムボン
ピアノ』原田郁子
生命力』チャットモンチー
ひまわり』mawari
どれも探しているシングル曲を収録しているアルバム。上原さんは「秘密」、クラムボンは「君は僕のもの」、原田さんは「たのしそう かなしそう」、チャットモンチーは「とび魚のバタフライ」、mawariは「いちごみるく」(これは予約した後でシングルをBOOKOFFで見つけて購入)。てな具合。

ついでに新刊の棚にあった篠原真由美「閉ざされて」を借りる。何冊も読んだ建築探偵シリーズでおなじみの著者だけど、これを借りたのはわが故郷函館が舞台となっているから。さて面白いのやら。>ミステリーとしてはどうなんでしょう。最後の方で一気の急展開。それまで気をもたせておいて何じゃこりゃです。ただ、小さい頃家族で何度も函館山に登ったのでそれだけで嬉しくなる一冊でした。

|

« 代休 | トップページ | 鳩山さん辞任 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/48514278

この記事へのトラックバック一覧です: 髪を切ってBOOKOFFと図書館:

« 代休 | トップページ | 鳩山さん辞任 »