« ホームセンター | トップページ | 小茂根から江古田へ »

2010年5月19日 (水)

引き取り訓練

小学校の引き取り訓練というのは、災害時に学校まで迎えに行く保護者の訓練ではなく、教室での引き渡し作業が円滑にできるかどうかという学校側の訓練。

近所のレンタル店半額サービスで、『曲がれ!スプーン』『プール』『笑う警官』のあまり期待できない邦画3本を借りる。
>『曲がれ!…』。この中で唯一もしやの期待があったが、残念。(これはよく知らない偏見ですけど)小演劇のりのドタバタは子供っぽ過ぎて苦笑するのみです。頼りの長澤さんも、もう少し魅力的に描けなかったんだろうか。
>『プール』。おいしそうな料理とダラーっとした時間の流れ。まったくの予想通り、雰囲気だけのつまらなさ。
>『笑う警官』。みんなが酷評するほどひどくはない。多分原作がしっかりしているからでしょう。ただ、移動の距離感が表現されないで、ストーリーがやたらスムーズに進みすぎるので、15時間という時間的制約の緊迫感がちっとも生かされていない。これではせっかくのどんでん返しも流されてしまう。
これで09年の邦画で見残しているのは『わたし出すわ』『パンドラの匣』『ポチの告白』『美代子阿佐ヶ谷気分』『ゼロの焦点』あたりかな。『余命1ヶ月の花嫁』と『蟹工船』『沈まぬ太陽』はどうしようかなあ。

ついでにレンタル落ちのCDS「How Beautiful」を購入。歌ってるのは元Cymbalsのヴォーカルだった土岐麻子。なんか大貫妙子みたいだな。もちろんいい意味で。

|

« ホームセンター | トップページ | 小茂根から江古田へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/48399802

この記事へのトラックバック一覧です: 引き取り訓練:

« ホームセンター | トップページ | 小茂根から江古田へ »