« 井上ひさし死去 | トップページ | 誕生日 »

2010年4月13日 (火)

高田恭子と「歌謡グランドパレード」

暖かい一日。
久しぶりに池袋のBOOKOFFに寄ってみたが、収穫ゼロ。がっかりだ。

1970年BGMでは高田恭子「河を野菊が」が最高。それほどヒットしたわけではないけれど、雰囲気としてはいしだあゆみの「今日からあなたと」に通じる筒美京平作品で上下動するメロディラインが特徴的。ちなみに高田恭子は元々フォークの出身で、第1回カンツォーネコンクールに優勝して69年に「みんな夢の中」でデビュー。これが4枚目(?)のシングル。この曲が私の記憶に刻まれているのは、テレビで観たとかラジオで聞いたとかいうこと以上に(もちろん聞いていたけど)、その頃買っていたヒット曲の楽譜集をピアノで弾いて気に入ったということの方が大きい。
それがこれ↓
Kayou_grand_parade
全54曲収録されていて、むろん布施明「愛は不死鳥」、ザ・タイガース「都会」、いしだあゆみ「あなたならどうする」などのビッグヒットはあるけれど、そのなかでいちばんのお気に入りだったのがこの「河を野菊が」。ほかにカルメン・マキ「東京はみなし児」、中山千夏「とまらない汽車」、黒沢明とロス・プリモス「ヘッドライト」、水沢美也「湖の挽歌」あたりも実物よりもこの楽譜で気に入った曲。そして作曲家筒美京平という名前をしっかりと意識するようになったのもやっぱり楽譜集からだった。

|

« 井上ひさし死去 | トップページ | 誕生日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/48079263

この記事へのトラックバック一覧です: 高田恭子と「歌謡グランドパレード」:

« 井上ひさし死去 | トップページ | 誕生日 »