« お通夜 | トップページ | 大後寿々花で2本 »

2010年3月 2日 (火)

葬儀

午前9時から告別式。子供たちも学校を休んで参列です・。
まだ戒名はいただいていないので、祭壇の位牌は本名のまま。
今日のお経は、女人成仏を認めているのは法華経だけなので日蓮が母親の恩に報いるために法華経を信じることにした、というような一節でした。女性の葬儀だからこの節をとりあげたのかは知りませんが。
そのあと落合斎場へ行って焼いてもらう。子どもたちには初めての採骨。怖がるかと思ったらそうでもなさそう。
お昼に精進落としをして散会。
妻は両親を手伝いに実家へ向う。

こっちは帰りにBOOKOFFによって新書売り場をのぞく。
105円コーナーから「聖書の読み方」を購入。見慣れない本だと思ったら何と2010年2月19日初版。これって最新刊じゃん。帰ってから見たら小さな書き込みあり。それで105円なのか。ま、それでもOKだ。
著者はナグ・ハマディ文書の翻訳などで知られるキリスト教文献学の泰斗で、私が持っているのは「新約聖書外典」の“ヨハネ行伝”ぐらい。聖書関連では、「聖書の起源」と「聖書神話の解読」と神話学的アプローチの本だけ。別にキリスト教徒じゃないのでね。

|

« お通夜 | トップページ | 大後寿々花で2本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/47706434

この記事へのトラックバック一覧です: 葬儀:

« お通夜 | トップページ | 大後寿々花で2本 »