« 井上梅次監督死去 | トップページ | 母親の検査 »

2010年2月17日 (水)

期待の『のんちゃんのり弁』を借りる

近所のビデオ屋で『のんちゃんのり弁』『クローンは故郷をめざす』を借りる。
『のんちゃん~』は期待作だな。>うーん微妙だ。期待が大きすぎた。だいたい弁当の図解が出ているぐらいだから、どうやって弁当屋を開く話しかと思うじゃない。ところが映画はそんなノウハウは素通り。弁当屋の必然性なんかどうでもいいみたい。小西真奈美はこれまでにない気風のいいキャラクタで頑張っててわるくはないし、弁当は確かにおいしそうだが、あれでどんな弁当屋をやっていけるのかはなはだ心もとない。倍賞美津子の母親、山口紗弥加の保育士や岸部一徳の料理屋などがいい味付けをしているんだが、ただのよく出来た人情ドラマだよな。それはそれでいいのだが、それを越えるものはなかったということです。ちなみに子供の頃ウチの母親が作ってくれたのり弁も細かくちぎった海苔を敷き詰めた二段重ねのものでした。
『クローン~』は、公開当時はノーチェックだったけど、永作さんも出てるし、もしかしてと思って。amazonになくてオフィシャルサイトを見たらどうやらレンタルだけらしい。>予想通りのかったるい作品。もっと面白くなりそうな主題をメリハリのない演出で説明不足のままボソボソとやっている。それでも観て損はない。

|

« 井上梅次監督死去 | トップページ | 母親の検査 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/47605510

この記事へのトラックバック一覧です: 期待の『のんちゃんのり弁』を借りる:

« 井上梅次監督死去 | トップページ | 母親の検査 »