« 期待の『のんちゃんのり弁』を借りる | トップページ | 翻訳家浅倉久志氏死去 »

2010年2月19日 (金)

母親の検査

母親の左手が思うように動かないとかで精密検査をうけたという。
その結果を聞くのに立ち会うために大宮へ。
病院はすっかりIT化されており、受付で申し込むと、診察室扉上の電光掲示板に受付番号が点くだけで、名前を呼んだりしない。プライバシーの保護の面からもいいことなんでしょう。ところが、来院者はほとんどが老人。ずらりと並んだ診察室のどの扉で呼ばれるか分からずに廊下をウロウロしたりするので、結局たびたび呼び出しをかけなければいけない羽目になる。
母親の方は、医師が心配したような難しい病気ではないという。ただ、それじゃどうして左手の調子が良くないのかということは分からず仕舞い。もっと症状が悪くなったらまた来てくださいという、何わからもない診断でした。

|

« 期待の『のんちゃんのり弁』を借りる | トップページ | 翻訳家浅倉久志氏死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/182335/47621454

この記事へのトラックバック一覧です: 母親の検査:

« 期待の『のんちゃんのり弁』を借りる | トップページ | 翻訳家浅倉久志氏死去 »